福山翔大が『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』に出演 主人公の元カレ役

『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』第5話では、主人公の麻宮が高校時代の元カレに遭遇し、翻弄されていく…。

2021/11/30 15:00

とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが・福山翔大

30日配信のParaviオリジナルストーリー『とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが』の第5話に、俳優の福山翔大が出演する。



 

■「不意キュン」ラブコメディ

本編であるTBSの火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』は、偽装結婚をテーマにした“不意キュン”ラブコメディ。結婚願望ゼロのイマドキ女子・大加戸明葉(清野菜名)と堅物変人イケメン・百瀬柊(坂口健太郎)が、ひょんなことから偽装結婚という道を選び、“本当の夫婦の形”を見つける物語だ。

本編放送終了後に配信が開始される同作では、『婚姻届に判を捺しただけですが』の冒頭、ファミリーレストランで百瀬に偽装結婚を持ち掛けられた麻宮祥子(深川麻衣)のその後の恋模様が描かれている。


関連記事:『婚姻届に判を捺しただけですが』追加キャスト決定 ルー大柴、杉本彩らが両親役

 

■恋はスペックじゃないと気付くが…

「結婚に愛は必要なく、相手のスペックさえ高ければ幸せになれる」という信条を持つ麻宮は、三十路で独身彼氏なしの広告代理店の受付嬢。そんな彼女に社内一のハイスペック男子、営業の百瀬が声をかけてくる。ファミレスに呼び出された麻宮に提案されたのは偽装結婚。馬鹿にされていると激高し、水をかけて断ってしまう。

翌日、同僚に婚約者がいると勘違いされてしまい、焦って婚活を始める麻宮。婚活サイトで知り合ったデザイナーの坂原(笠原秀幸)と会うが、その印象はイマイチ。酔った勢いで言い寄ってくる坂原から、偶然居合わせたイケメン年下男子、唯斗(高杉真宙)に助けられる。

その後も、居たたまれない状況から救い出してくれるなど、唯斗の優しさに触れて気になり始め、ハイスペック男子の井上(森永悠希)からの交際の申し込みを断ってしまう。ついに麻宮は、「恋はスペックじゃない」と気付くが、唯斗には友達認定され意気消沈してしまう…。

次ページ
■第5話では、高校時代の元カレ登場

婚姻届に判を捺しただけですが(1)【Amazonでチェック】

坂口健太郎高杉真宙清野菜名Paravi笠原秀幸深川麻衣婚姻届に判を捺しただけですが森永悠希とにかく婚姻届に判を捺したいだけですが
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング