阿部寛、自身モノマネ芸人と生放送共演 至近距離で見て「気持ち悪いですね」

人気俳優・阿部寛が自身のモノマネをするラパルフェ・都留拓也と『ラヴィット』で共演して…。

2022/01/14 10:45



 

■W阿部で盛り上がる

その後、阿部と同じ『DCU』で演じる海上保安庁・潜水特殊捜査隊に似せた制服に着替えた都留。阿部の指摘をすぐに受け入れヒゲを薄くしたのだが、「気持ち悪いですね」と至近距離で都留を見ていた阿部に切り捨てられ、スタジオは笑いに包まれる。

その後もW阿部として番組が進み、阿部も都留と積極的に絡む一幕も。番組終盤、都留に「バンバン名言作っていただいて、阿部さんがもうちょっと売れていただければ…」とイジられた阿部は苦笑、川島が「もう日本一やわ」と都留にツッコんだ。


関連記事:佐藤健が一生守りたい阿部寛の魅力に共感殺到 「わかりすぎる」「激しく同意」

 

■視聴者は好意的

阿部と都留、W阿部の登場に視聴者も騒然。

「朝からW阿部寛観られたので今日はいいことありそう」「阿部寛モノマネご対面はクソ笑った」「阿部寛モノマネめっちゃツボやけどご本人と並ぶと似てないの笑える」と好意的な意見が殺到している。

・合わせて読みたい→横浜流星、来年1月スタート『DCU』出演 阿部寛とバディを組むダイバー役

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

阿部寛主演『ドラゴン桜2』 (全17巻)【Amazonでチェック】

テレビモノマネ阿部寛川島明ラヴィットDCUラパルフェ都留拓也
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング