全身に昆虫864匹のタトゥーでギネス世界記録を持つ男性 「じつは虫嫌い」と告白

苦手なものをあえて身近に置く理由は、恐怖を克服するため? 全身を虫のタトゥーに覆った男性の告白が話題に。

2022/02/05 18:30

タトゥー

体中に無数の虫のタトゥーを入れてギネス世界記録を打ち立てた男性が、じつは「虫が嫌い」であることを公表した。『New York Post』『Mirror』などの海外メディアが報じている。



 

■前記録をぶっちぎりで抜く

ニューヨーク在住のマイケル・アモイアさんは、全身に昆虫のタトゥーを入れている。昨年10月にギネス世界記録の審査を受けた際、クモやヤスデなどの「昆虫以外」を除いた864匹分が認められ、「最も昆虫のタトゥーが多い人物」として世界1位になった。

これは、以前の記録保持者である英国のバクスター・ミルソムさんの402匹という記録に、倍以上の差をつけた数字。しかしその後、実際には虫が苦手であることを告白し、ファンを驚かせているのだ。


関連記事:オードリー若林、井上咲楽お勧め昆虫食にドン引き 「今のシーズンだったら…」

 

■本当は虫が嫌い

全身のタトゥーから熱烈な虫の愛好家だと思われていたアモイアさんは、このほどギネス世界記録のインタビューに対して「多くの人々は自分を誤解している」と語った。

さらに「人々は私が虫好きだと思っていますが、実際は正反対です。私は虫が嫌いですし、怖いです」「ですが、私はポジティブな理由から、全身に虫のタトゥーをしているのです」ともコメントしている。

https://amzn.to/3AViXen

次ページ
■恐怖を克服するために…
タトゥー昆虫ギネス世界記録翻訳記事NFT
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング