東国原英夫、ワクチン担当相の人選を疑問視 「河野さんを続けるべき」

『TVタックル』で、東国原英夫が「河野(太郎)さんを続けるべきだった」と政府に苦言。大竹まことは堀内ワクチン担当相に怒り。

2022/02/20 14:50

東国原英夫

20日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、東国原英夫が岸田文雄政権の「ワクチン担当大臣の人選」に苦言を呈した。



 

■3回目のワクチン接種が進まず

番組は日本における新型コロナウイルスワクチンの3回目接種が「進んでいない」と取り上げる。

そんな状況もあり、首相官邸のYouTube動画で、堀内詔子ワクチン担当相と河野太郎前担当相が対談し、3回目の接種を呼びかける様子が放送された。


関連記事:東国原英夫、河野太郎大臣のSNSブロック問題に意見 「言論の自由は最大限確保」

 

■大竹まことがワクチン担当相に怒り

3回目接種の遅れに憤りを持っている様子の大竹まことは「堀内ワクチン担当大臣ってなにをやっていたの?」と語気を強める。

すると東国原が「河野さんがおっしゃるには、ワクチンチームが人数を減らされた。リエゾンチームが解散された。あるいは厚労省に権限がなくなった。つまり、縮小化されたんですね、去年の10月11月。デルタ株がこう(下がる)なったじゃないですか。そのときに事実上の解散だったんですよ、ワクチンチームは」と指摘。

そして、「だから河野さんのときはがっちりしてたんだけど、『今は薄いよね、だからかわいそうだよね』と(河野氏は)おっしゃったんだが、僕は違うと思う。河野さんは、俺にならできたよ、俺ならできたって(言いたい)」と語った。

新型コロナウイルス 抗原検査キット5個セット【Amazonでチェック】

次ページ
■東国原は人選に苦言
テレビ朝日金子恵美東国原英夫大竹まことTVタックル河野太郎岸田文雄
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング