このローソン、どうやって入ればいいんだ… ギネス級に「薄すぎる」コンビニが話題

静岡県某所で「とんでもないローソン」店舗が発見され、話題に。どう考えても入店不可能な店舗の正体とは…?

2022/03/03 04:45


 


 

■ローソンの「ガチ感」が凄すぎる…!

ツイート投稿主・omocleさんに詳細を尋ねると、件の写真は静岡県浜松市にある「ローソン 浜松姫街道店」にて撮影したものであると判明。

あまりに衝撃的な光景を受け、omocleさんはツイート本文にあったようにこちらの店舗を「二次元世界への入り口」と感じたようで、発見時の感想については「入店できたら夢が叶うのかな…と思いました」と、なんとも微笑ましいコメントを寄せている。

しかしomocleさんに話を聞いたところ、こちらのローソンは「店舗本体」でなく、駐車場入り口付近に設置された誘導用の「看板」であることが分かったのだ。

そこでローソン広報に「クセが強すぎる看板」について尋ねると、担当者の顔にも驚きの表情が。やはりレアケースすぎる事態のため、真相は闇の中か…と諦めかけたのだが、ローソン広報は「記者顔負け」のほとばしる探究心で、こちらの謎を調査してくれたのである。


関連記事:ローソン、一部店舗で始まる「新しいサービス」がすごい 一度は試してみたい…

 

 

■店舗の「粋な計らい」にニヤリ

話題となった「看板」を設置しているローソンは2012年4月6日にオープンし、ちょうど来月で10周年を迎える店舗。件の看板は、オープン時より設置されているものだという。

ローソン 浜松姫街道店

同店舗は駐車場の面積が広く、店舗本体は看板から見ると奥まった場所に位置するのがポイント。看板設置の背景について、店舗担当者は「新しい店舗として多くの方々にご認知頂くために、少し離れたところからも『ローソン』とご認識して頂けるよう、こちらの看板を設置致しました」とコメントしている。

どのようなデザインにしようか、と検討した際に「せっかくなら『ローソン』と一目でわかる看板にしたい」と考え、閃いたのが「ミニ店舗看板」だったという。

なお「LAWSON」のロゴの入った部分は、実際の店舗にて使用されているものと同じ材質となっており、力の入れようが伺える。

ローソン 浜松姫街道店

そのユニークなデザインや、かわいらしさでオープン当初からユーザーウケも非常に良いようで、近隣のローソン店舗からも「面白い」「うちでは真似できない」といった声が寄せられていたというから微笑ましい。

設置から10年以上経つ現在でもそのインパクトは健在で、やはり「あれはなんですか?」「変わっていますね」と感心した様子で尋ねてくる来店客は少なくないようだ。

ローソン店舗を利用の際は、注意深く辺りを見回してみると、こうした店舗の粋な小ネタや計らいに気付けるかもしれない。


【店舗詳細】

ローソン 浜松姫街道店

「ローソン 浜松姫街道店」

静岡県浜松市北区三方原町242−1

・合わせて読みたい→石塚英彦、最もまいうーと感じた「コンビニチキン」に驚き まさかの…

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

好きです、ローソン!【Amazon】

ローソンコンビニツイッター話題静岡県浜松市
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング