ビートたけし、『TVタックル』でロシアの窮状と今後を分析 「トイレの水も…」

ビートたけしが『TVタックル』でロシアの現状や、ウクライナ情勢の今後などを語った。

2022/03/20 15:35

ビートたけし・北野武

20日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしがロシアの窮状やウクライナ情勢の今後について語った。



 

■ロシア情勢や中国の動向を議論

ウクライナに侵攻したロシアの現状や、中国が台湾や尖閣諸島を攻めた際、アメリカがどのような対応をするかを議論した20日の放送。

番組中盤には「中国が台湾に侵攻してもアメリカが守るとは思えない」と主張する西村博之氏に、阿川佐和子、東国原英夫、大竹まこと、そしてゲストの大学教授が反論するなど、激しい議論が繰り広げられた。


関連記事:田原総一朗氏、ウクライナ情勢の長期化を予測 「非常に残念なことだが…」

 

■西村氏が持論

西村氏は「ロシアの人たちの考え方を誤解をしているなと思ったのが、ロシア人って、ものすごい貧乏な国で、みんなお金もないんですよね。勉強をして頭が良くなって、そこで金を稼ごうって言うこともできないんですよ、周りが貧乏な人しかいないから」と指摘する。

続けて、「なので、西側のがんばったら儲かるよね、努力したら世の中が良くなるよねっていう考えが、通用する社会ではないとか環境ではないっていうことが、根本として違うんじゃないかな」とコメントした。

ウクライナ侵攻とプーチン大統領の本心【Amazonでチェック】

次ページ
■たけしがロシアを語る
ロシアビートたけし西村博之大竹まこと阿川佐和子TVタックルウクライナ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング