爬虫類50匹以上を服の中に隠していた男が逮捕 税関くぐり抜ける手口で密輸多発

身につけた衣類から出てきたのは、大量の爬虫類…。大胆すぎる密輸の手口に「想像しただけでも恐ろしい」の声も。

2022/03/24 11:00

不審者

アメリカの国境で、大量の爬虫類を所持していた30歳の男が逮捕された。男は衣服の中にトカゲやヘビを生きたまま隠しており、密輸が目的だったと見られている。『New York Post』『NBC News』などの海外メディアが報じた。



 

■服の中から出てきたのは…

逮捕されたアメリカ国籍の男は、メキシコと隣接しているカリフォルニア州サンディエゴの税関国境警備局を訪れた際、追加検査のために乗っていたトラックを降ろされたという。

局員が男の身体検査を行うと、全身の衣類の中に9匹のヘビと43匹のツノトカゲ、合計52匹の爬虫類を隠し持っていた。その中の一部には絶滅危惧種の個体も見つかっている。


関連記事:男性の異変を察知し隣人が通報 ヘビ125匹超を飼育の末、迎えた結末とは…

 

■袋に入れて運搬

警備局が出した声明によると、爬虫類たちは「袋の中で縛られ、ジャケットやズボンのポケット、鼠径部に隠されていた」とのこと。

つまりは袋に入っていたとはいうものの、大量のヘビを体に近い場所で肌身離さず持ち歩いていたということであり、かなりの大胆さといえる。

次ページ
■密輸にまつわる犯罪が増加

絶滅野生動物事典 (角川ソフィア文庫)【Amazonでチェック】

爬虫類話題ヘビ密輸絶滅危惧種国境税関トカゲ翻訳記事エキゾチックペット麻薬カルテル
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング