松本人志、アカデミー賞ビンタ騒動で「誰も言わなかったこと」 発言を自画自賛

『ワイドナショー』ではアカデミー賞でのウィル・スミスの平手打ち騒動をテーマに。松本が語った内容とは…。

2022/04/03 11:35

ダウンタウン・松本人志

3日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、先日行われた第98回アカデミー賞授賞式の様子について特集。プレゼンターを務めたクリス・ロックの言動に、俳優のウィル・スミスが怒りをあらわにした一幕について、ダウンタウン・松本人志が言及した。



 

■アカデミー会員を辞任

妻ジェイダ・ピンケット・スミスへのロックの壇上でのジョークに激怒し、強烈な平手打ちを放ったスミス。その後も客席から暴言を浴びせるなどし問題に。

日本では「暴力は良くない」「妻のために怒った」などと賛否があるが、米国での対応は厳しく、スミスは賞を主催する映画芸術科学アカデミーの会員を辞任することとなった。

今後、スミスが『ドリームプラン』で受賞した主演男優賞を新たに選び直すかも含め、協議が行われる可能性もあるという。


関連記事:ホルモン・ナヲ、“円形脱毛の常連”と告白 「数年前こんなハートハゲ…」

 

■「俺もあの立場なら…」

この一件について松本は、「いつまでもこの話が続いてしまうことで、一番きついのは奥さん」とコメント。脱毛症を公表しているジェイダを気遣った。

その後は「結果論になってしまいますけど」としながら、「こんなことになるくらいなら、あそこはスマートに終わらせて、後日楽屋行くのか、話し合うなりなんなり…」と語る。一方で、「俺もあの立場ならもしかしたら同じようなこと…」とも話していた。

次ページ
■コメントを自画絶賛

松本人志『火星人の殺し方』【Amazonでチェック】

ダウンタウン映画アカデミー賞松本人志ワイドナショーウィル・スミスクリス・ロック
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング