唐揚げレモン論争 かける派・バカリズムの「レモン目線」に反響

「相手の身になってモノを考えよう」と松本人志は鶏の気持ちを代弁。一方のバカリズムはレモン目線で反論。

2022/04/09 06:45


 


 

■レモン目線で反論

かけない派が劣勢の中「この論争に終止符を打ちたい」と意気込んだ松本からはこんな意見が。

「相手の身になってモノを考えようってこと。相手って、この場合は鶏。楽しく飛んでいただけなのに脂っこく揚げられて。爽やかにしたいからって、レモンかけられた鶏の気持ち考えろよ」。

これにバカリズムはレモンの目線で反論。「それで言わせていただくと、考えなければならないのはレモンの気持ち。育てられて、切られて、唐揚げの横に置かれて、使ってもらえないっていう」とレモンの気持ちを考えればかけるべきだと一歩も引かなかった。


関連記事:Amazonで買えるコスパの高い「缶チューハイ」3選 ケース買いがお得

 

 

■「バカリ一人勝ち」「レモンの気持ちってなんなん」

最終的にバカリズムが「一番の解決策は、店がレモンを出さなければいい」とまとめたが、決着がつかずに終わった唐揚げレモン論争。

視聴者の反応を確認すると「唐揚げレモン論争バカリズムに全面同意」「バカリズム一人勝ち」「松ちゃんの鶏の気持ちに対して、バカリズムがレモンの気持ちを咄嗟に語れるの流石」「バカリズムまじで天才 レモンの気持ちってなんなん」とバカリズムのコメント力に感嘆していた。

・合わせて読みたい→カラオケに行ったとき… 約3割が「イラッとしている行動」があった

(文/Sirabee 編集部・荒井どんぐり

バカリズム『架空OL日記 (全2巻)』【Amazonでチェック】

唐揚げ松本人志レモンバカリズム人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング