実写『バービー』にAqua「愛しのバービーガール」未使用で波紋 原因は歌詞?

バービーと言ったら多くの人が思い浮かべるあの名曲。実写映画には使用されず、過去には歌詞を巡って訴訟沙汰に…。

2022/05/12 20:00


バビー人形

2023年夏に公開を予定しているワーナー映画『バービー』に、かの有名な楽曲『Barbie Girl(愛しのバービーガール)』が使用されないことがソーシャルネット上で波紋を呼んでいる。『Variety』『MovieWeb』などの海外メディアが報じた。


 


 

■豪華キャストで送る実写版バービー

マーゴット・ロビーが主演を務める実写映画『バービー』は、4月26日にラスベガスで開催されたシネマコンでファーストルックと公開日が発表された。

本作のキャスト陣には恋人ケン役のライアン・ゴズリングのほか、アメリカ・フェレーラやウィル・フェレルといった豪華な顔ぶれが名を連ねている。


関連記事:バービー、夫が結婚記念日をサプライズ祝福 「謎のレストラン開店してました」

 

 

■メガヒットしたポップソング

バービーはアメリカのおもちゃ会社マテルが販売する着せ替え人形で、日本でもリカちゃん人形などと肩を並べて根強い人気を誇っている。

1997年にデンマークのポップバンドAqua(アクア)が「愛しのバービーガール」を歌うと、曲はビルボードTOP10に入り、CDはミリオンセールを記録するほどのヒットを記録した。

この曲が映画の中で聞けることを望む声は大きいが、どうやら現状ではその希望が叶う可能性は低いようだ。

AQUA「愛しのバービー人形」【Amazonでチェック】

次ページ
■曲が使われない理由
映画オモチャバービー実写映画化翻訳記事マテル着せ替え人形Aqua愛しのバービーガール
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング