ビートたけし、ロシア映画祭で受けた恐怖体験を告白 「すごいもん、監視が」

ビートたけしがロシア映画祭で監視を受け釘を差されたこととは…。現代社会には「変な時代になった」と語った。

2022/05/22 14:45

ビートたけし・北野武

22日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしがロシア映画祭で受けた恐怖体験を明かし、驚きが広がっている。



 

■たけしにロシア人からメール

ロシアのウクライナ侵攻や日本の対応について特集した22日の放送。そのなかで「ウクライナ人だけではなく、ロシア人も避難が必要ではないか」という話が出る。

たけしは「ロシアの(たけしの)ファンクラブがあって。ファンクラブのやつから毎回メールが来るんだけど、”助けてくれ”って言って。”身元引受人になれ”とか、大変なんだよ。今回の問題ウクライナだけではなくて、ロシア人自体もひどい目にあっているんだよね」と語った。


関連記事:ビートたけし、前澤友作氏の宇宙旅行に独自見解 「もっと面白いことを」

 

■反戦の動きが「聞こえてこない」

次に話題はロシア人スポーツ選手による「反戦の動きが聞こえてこない」という話題へ。

元バドミントン選手の潮田玲子氏は「シャットダウンされて、それも発信できない状態になっていますよね」と指摘した。

次ページ
■たけしがロシアの映画祭で…

ビートたけし『テレビじゃ言えない』【Amazonでチェック】

テレビ朝日ロシアビートたけしTVタックルウクライナ映画祭プーチン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング