ビートたけし、ロシア映画祭で受けた恐怖体験を告白 「すごいもん、監視が」

ビートたけしがロシア映画祭で監視を受け釘を差されたこととは…。現代社会には「変な時代になった」と語った。

2022/05/22 14:45


 

■たけしがロシアの映画祭で…

たけしは「1回俺、ロシア映画祭に招待されて行ったんだけど、いやあ、すごいもん、監視が」と語る。

続けて「記者会見とか、ファンの前で挨拶をするんだけど、とにかく釘を刺されたのは、プーチンの悪口とかは一切やめてくれっていう。プーチンのあれで映画祭をやっているんだから、このあとパーティーとかあるけど、ちゃんとあんたのそばにはKGBとかああいうのがついてるからって」とコメント。

スタジオの出演者が驚くなか、「ヨーロッパのインタビュアーがあんたにインタビューしても、そのことは言わないでねって。あんたが非常に悪い立場になる」と言われたことを明かした。


関連記事:ビートたけし、IT化によるコストカットを疑問視 「削減された人たちは…」

 

■「すごい変な時代になった」

番組終盤、たけしは「コロナからウクライナの問題から、なんかあれだね、世紀末っていうのは、たった1人の指導者というか、指導体制があるんだから何十人もいるんだけど、そのごく一部の人間がごく当たり前のことをしなくて、自分の名誉とかあれを、かたくなに残そうとしているっていう」と指摘する。

そして「妙な権威みたいなのばっかしが、一部のそういう人たちが、人間社会っていうか、地球自体を全部壊し初めているというか。商人たちが作ってると思うんだけど、すごい変な時代になってきたね」とコメントしていた。

・合わせて読みたい→ビートたけし、『TVタックル』でロシアの窮状と今後を分析 「トイレの水も…」

(文/Sirabee 編集部・佐藤 俊治

ビートたけし『テレビじゃ言えない』【Amazonでチェック】

テレビ朝日ロシアビートたけしTVタックルウクライナ映画祭プーチン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング