コスプレイヤーの股間を接写… それを勝手に販売する無法ローアングラーは裁けるか

コスプレ界で多発する撮影写真の無断販売。このトラブルについて弁護士の見解は…。

2022/05/27 05:15


ローアングラー

近年、コスプレ界に大きく影を落とす「盗撮騒動」。コスプレイベントには、コスプレイヤー(以下、レイヤー)の股間を狙う“ローアングラー”がのさばっており、一部画像はネット上で販売も…。無断での写真販売について、盗撮問題に詳しい弁護士は「撮影の許諾」に重要なポイントがあると分析する。

【関連写真】数10名のカメラマンが突如コスプレイヤーを囲み…カオスな状況のコスプレ広場



 

■「食い込みに興奮」の文字

中学生時代にコスプレ活動を始め、コスプレ歴8年になる現在OLのAさん。ある日、自分の写真がとある盗撮写真・動画販売サイトで商品化されていることに気がついた。偶然発見した彼女のファンが情報共有してくれたのだ。

販売ページでサンプルとして掲載されていたのは数年前、とあるコスプレイベントで撮られたと写真。目線あり写真のほか、股間や下着のアップ写真が並び、「オシリを抑えて照れまくり」「食い込みに興奮!」といった閲覧者をあおる卑猥な言葉が記載されていた。


関連記事:「コミケ99」でコスプレイヤーの股間狙う“ローアングラー” 記者の直撃に…

 

■会場では一切気が付かず…

「今から2年ほど前、とある大型イベントで着用した衣装で間違いありません。キャラクターを忠実に再現した衣装とあり、スカートがやや短めだったので、対策として見られてもいい”見せパン”(インナー)を着用していました。また、当日はボディガード的に友人男性を同伴していたのですが、まさか販売用にこんな撮影をされていたとは…」と、Aさんはショックを見せる。

じつは近年、これらのケースがコスプレ界では多発している。被害者からの発見を遅らせるためか、盗撮サイトではあえて数年の時間をおき「新商品」として販売され、ネット上で自分の恥部が拡散され続けていることに気づかないままのレイヤーも大勢いる。

Aさんは撮影時に異変を感じなかったのか。「なかったですね。仮に許諾した後に『なんだかレンズの向きがおかしいな』と思っても、カメラに詳しくないのでそれを制止することは困難です。まさかその後、写真を販売されるなんて到底予想ができません」(Aさん)。

自立するタイプの小型ホワイトボード【Amazon】

次ページ
■コスプレイヤー引退も視野
盗撮コスプレ下着制服コスプレイヤーローアングラーコスプレ広場盗撮サイト
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング