広田レオナ、肺がん経てのコロナ感染で不安吐露も前向き 「ファイトです」

3日に新型コロナ感染を発表し、自宅療養中の広田レオナ。ふとしたことがきっかけで、前向きな気持ちの変化が起こったという…。

2022/08/05 19:00

広田レオナ

女優・映画監督の広田レオナが5日、Ameba公式ブログを更新。新型コロナウイルス感染後、自宅療養中に起こった心境の変化についてつづった。



 

■注意を払うもコロナ感染

今月3日、ブログで新型コロナウイルスに感染したことを明かした広田。7月31日から喉の痛みや寒気の症状が現れ、2日に病院でPCR検査を行ったところ、陽性と診断。

感染対策には細心の注意を払っていたようで、投稿では感染への悔しさを滲ませていた。また、昨年6月に肺がんの手術を行っている影響か、咳の症状に苦しんでいることも明かしていた。


関連記事:広田レオナ、寝落ちして髪が“大爆発” 「恥ずかしくなったら消すね」

 

■肺がん主治医と電話

5日の午後、広田は2日ぶりにブログを更新。咳の症状から肺炎を心配しているようで、肺がん手術の主治医と電話で話したとのこと。

現在、入院患者以外のCT検査は受けられないため、検査のため入院可能な病院を探していたようだ。

主治医からは「病室は満室、医者でも入院できない状態」と言れたそうで、広田は「他の病院も同じく、保健所も同じでしたね」と落胆した様子。

次ページ
■不安を吐露

あの頃映画『エンドレス・ワルツ』【Amazonでチェック】

入院広田レオナ主治医肺がん新型コロナウイルスPCR検査CT検査Ameba公式ブログ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング