堀江貴文氏、旧統一教会のカルト性を語る 「今の人たちってもう知らない」

旧統一教会の勧誘にも遭ったことがある堀江貴文氏が、その危険性について「今の人たちって知らない」と指摘。

2022/08/07 13:10


堀江貴文
実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が、7日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に生出演。自民党との深い関係が明るみになっている旧統一教会・世界平和統一家庭連合の危険性について、体験談とともに「今の人たちって知らないじゃない?」と語った。


 


 

■関係を「断るべき」との反論に…

かつて選挙に出馬したことがある堀江氏は、政治と宗教のつながりについて「宗教団体の組織力って強いから、ちょっとでも票を上増ししたいから宗教団体に頼るってのは、統一教会に限らず、いろんな宗教団体に(ある)」とコメント。

「宗教団体と政治の関わりってそういうもんすよ」と、現実として関わりがあることを語った。

これに対し、デーブ・スペクターが「カルト的な扱いで、統一教会の実態を知っていれば(関係を)断るべき」と反論すると、堀江氏は旧統一教会が「おとなしく」なったと語り始める。


関連記事:ひろゆき氏、統一教会擁護派の3類型を紹介 「中立でありたい」と言う人は…

 

 

■勧誘の実態を激白

堀江氏は「僕らの世代は、ちょうど団塊ジュニアなんですけど、大学で原理研ってのがすごい勧誘してて」と、旧統一教会の関連団体が盛んだった時代を回顧。

「超かわいい女の子が来て逆ナンしてくるんですよ。ウチでタダ飯、団体ハウスみたいのあるんで来ませんか? とか勧誘してくるんですよ。ちょっと行きたくなる」と手口を明かすと、「これあれだ、原理研だ! って思って行かなかったりしたんですよ」と語った。

堀江貴文『キャリア不要の時代 僕が飲食店で成功を続ける理由』【Amazonでチェック】

次ページ
■起業後のエピソードも
テレビ堀江貴文ホリエモンサンデー・ジャポンデーブ・スペクターサンジャポオウム真理教統一教会旧統一教会世界平和統一家庭連合
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング