綾瀬はるか、『ぎぼむす』義母役で“初めて芽生えた感情”語る 「自然に…」

『義母と娘のブルース』での思い出を回顧した綾瀬はるか。その際に「初めての感情」が芽生えたと明かし…。

2022/08/29 09:10


綾瀬はるか

28日の『日曜日の初耳学』(TBS系)では、女優・綾瀬はるかの未公開トークを放送。かつて出演したドラマに関するエピソードが披露された。


 


 

■綾瀬の未公開トーク

これまで同番組で総勢55組をインタビューしてきた人気企画『インタビュアー林修』の未公開トークを放送した今回。

大ヒットした『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)や大河ドラマ『八重の桜』(NHK)など、話題作に出演し女優として確固たる地位を築いた綾瀬。インタビューでは、芸能界デビューに至るまでの家族の反対、出演してきたドラマの裏話などを赤裸々に語っていった。


関連記事:綾瀬はるか「戦争」を聞く 被爆地・ヒロシマから戦禍のウクライナへ”祈り”

 

 

■初めての感情

2018年放送、『ぎぼむす』の愛称で親しまれたドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)では、幼い娘の義母を熱演している。

「母親役を演じてみてどうだったのか」聞かれた綾瀬は、自身が演じた「小さな娘の成長を見守る義母役」にシンクロして、「自然になんか『子供っていいな』って初めて思いました」と33歳にして初めての感情が芽生えたと告白した。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■土下座のシーンで
綾瀬はるかテレビNHKTBS林修義母と娘のブルース日曜日の初耳学八重の桜
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング