東ちづる、オリンピックめぐる汚職事件に悔しさにじませ 「そのお金制作に…」

東ちづるが東京オリンピックでの汚職事件に対し当時の苦しい状況を振り返り、事件発覚に悔しさを伝えた。

2022/09/03 12:15



 

■容疑者の厳罰求める声も

東京オリンピックの舞台裏に「当初の予算を大きく上回った東京オリパラ。しかし、本来必要なところへお金は回りきらなかったのか」「ボランティアもですが、まさかの撮影場所の無償交渉って…」と、東らの苦労を偲ぶ声が。

また疑惑の汚職事件に「陰に隠れて私利私欲に走る人間はどの世界においても厳しく断罪されるべき」「たとえ1万円でも不正は不正。200万円だったら終身刑が相応しい」といった、罪に対し厳しい罰を求める声も聞かれた。


関連記事:東ちづる、熱中症を訴える夫を心配するも… その行動力に驚きの声が

 

■五輪の苦労を思い出し悔しさ

・合わせて読みたい→「夫を殺す方法」を書き逮捕された女性小説家 殺害した事実について口を滑らせる

(文/Sirabee 編集部・綾崎 かなめ

東ちづる『“私”はなぜカウンセリングを受けたのか―「いい人、やめた!」母と娘の挑戦』【Amazonでチェック】

ツイッター東ちづる森喜朗東京オリンピック・パラリンピック組織委員会東京2020 NIPPONフェスティバルMAZEKOZEアイランドツアー汚職事件
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング