映画『ワンピースFILM RED』が二度と作れない完成度 その“幻想性”を考察

ワンピース映画『FILM RED』のヒット要因を考察。幻想性、歌と映画のこの上ない融合、赤髪海賊団と「家族」に注目する。

2022/09/25 14:05

ワンピース

興行収入150億円を突破した『ONE PIECE FILM RED』。異例の大ヒットを成し遂げた同作品の秘密に迫りたい。



 

■『FILM RED』の記録的ヒット

原作者の尾田栄一郎氏も「やりたかったことは、全てが成功」という。実際に、非常に完成度の高い同作品の内容と、とりまく環境の両面から、ヒットの要因を探る。


関連記事:Adoの王道とサブカルの共存戦略を考察 きゃりーぱみゅぱみゅを超えるか

 

■作品と歌

同作品の特徴は歌にある。主題歌の影響は大きく、記録的ヒットとなった『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』でも、記憶を時代ごと呼び起こせるものは、LiSAが歌う主題歌の「炎」だろう。

『FILM RED』は、作品にとっての歌の重要性を多くの人に知らしめる映画となった。中田ヤスタカが手掛け、Adoが歌う主題歌「新時代」は、今作の主役ともいえるウタがどう活躍するのか、人々の興味を掻き立てた。

ONE PIECE モノクロ版(全103巻)【Amazonでチェック】

次ページ
■歌と映画のこの上ない融合
日本テレビ秦基博ルフィ尾田栄一郎シャンクスONEPIECE無限列車編ワンピース鬼滅ウソップAdo中田ヤスタカ家庭教師のトラコ新時代赤髪海賊団ヤソップトップハムハット狂FAKETYPE風のゆくえアクセルホネット
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング