街中でのマスク、今も付けるのはなぜ…? ”ノーマスク”をやめさせる「5文字」

「屋外ならマスク不要」になって5ヶ月。今も付けている人が多いのには、「ある理由」が…。

2022/10/20 04:15

ノーマスク

5月に政府がマスク着用に関して、「屋外では原則不要」という新たなルールを明文化した。あれから5ヶ月、街にはマスクを付けている人が目立つ。

なぜ、今もマスクを付けるのか。理由を聞いてみると、「意外な答え」が返ってきて…。

【写真】お店で見かける「アレ」


画像をもっと見る

 

■「屋外では季節問わず不要」

5月以降、厚生労働省はマスク着用に関して次のようなルールを設けた。「屋外では季節を問わず原則不要(2メートル程度、人との距離が保てず、会話をする場合は着用)」「屋内では距離が確保でき会話をほとんど行わない場合をのぞき、マスクを着用する」。

このルールに則れば、街中を1人で歩く際はマスクを付けなくてもいいということだ。「ノーマスク推奨」から約2ヶ月経った7月に東京・渋谷を訪れた際はマスクを付けて歩く人が多かった。

あれからさらに月日が流れたが、いま街中はどうなっているのか。10月中旬の午前中、東京・新宿と幡ヶ谷の商店街に足を運んだ。


関連記事:エハラマサヒロ、街のマスク着用率を報告 「すれ違う人30人中…」

 

■「マスクは外したいけど…」

マスク

この日は朝から雨が降っていて、マスクを付けていると湿気で少々息苦しかった。だが、道行く人のほとんどがマスクで口を覆っており、付けていない人はごくわずか。

30代の男性に今も付ける理由を聞いた。「僕自身は外したいです。でも、周りはみんな付けているので、自分だけノーマスクなのはちょっと…」(30代男性)。一方、50代の男性はマスクを付ける理由をこう語る。

「コロナ対策もありますが、インフルエンザの予防のためでもあります。今年はインフルの感染にも注意しないといけないんですよね? コロナ前も、この時期はインフル予防でマスクを付けていたので今年も同じですよ」(50代男性)。

こっちも手放せない【Amazonでチェック】

次ページ
■マスクを付ける「意外な理由」
インフルエンザマスク厚生労働省街中コロナノーマスク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング