『世界遺産』で東大寺の四季を特集 大仏の大掃除「お身拭い」にも密着

11月13日午後6時放送の『世界遺産』は、1年がかりで高精細の4Kカメラと8Kカメラで収録を行った特別編だ。

2022/10/28 17:00

世界遺産

11月13日午後6時から放送される『世界遺産』(TBS系)。「古都奈良の文化財」(神社仏閣など8か所で構成)として世界文化遺産に登録された東大寺の「古都・奈良~東大寺の四季~」を特集する。


画像をもっと見る

 

■「奈良の大仏」の寺

世界遺産

奈良県奈良市にある華厳宗大本山東大寺は、奈良時代に聖武天皇(701年~756年)のときに建立された。仏教に深く帰依していた聖武天皇の時代に、仏教による鎮護国家のため国分寺、国分尼寺が日本各地に建立されたが、東大寺はその中心をなす「総国分寺」である。

天平勝宝4年(752年)には本尊である盧舎那仏(るしゃなぶつ)が開眼。東大寺は奈良時代の仏教の教理研究の中心であり、「奈良の大仏」の寺として長く信仰され、日本文化に大きな影響を与えてきた。


関連記事:『THEグレートアンサー』 伊沢拓司率いる天才集団・QuizKnockが難問に挑む

 

■大仏の大掃除が3年ぶりに復活

そもそも盧舎那仏の建立には、当時流行していた天然痘などの疫病の社会的不安を取り除き、社会を安定させたいという願いが込められていた。東大寺では新型コロナウイルス感染症の流行が始まってからも、毎日正午、その終息を祈って大仏の前での読経が行われている。

また今年は、新型コロナのために中断していた「お身拭い(おみぬぐい)」という大仏の大掃除が3年ぶりに復活。同番組ではその様子にも密着し、僧侶や関係者が年に一度、大仏を清掃する姿を紹介する。

もっと知りたい東大寺の歴史【Amazonでチェック】

次ページ
■超高精細8Kカメラによる大仏殿敷地内の桜
TBS仏教世界遺産奈良大仏ソメイヨシノ聖武天皇新型コロナウイルス東大寺世界文化遺産ベニシダレお身拭い
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング