ワンパンで作る鳥羽シェフの「明太子パスタ」が最高 ガチでハマるおいしさ

鳥羽周作氏がYouTubeチャンネルで紹介した「最高ワンパン明太子パスタ」を実際に作ってみた。フライパン1つで楽すぎる。

2022/11/22 05:00

フライパン1つで完結する「ワンパンパスタ」。味に一体感が出ておいしい、洗い物が少なくて便利といった声あがるなど、最近注目されているジャンルだ。

レストラン「sio」の鳥羽周作シェフも、YouTubeチャンネル『鳥羽周作のシズるチャンネル』にワンパンシリーズをいくつも投稿しており、かなり力を入れているよう。今回は「最高ワンパン明太子パスタ」を実際に作ってみた。


画像をもっと見る

 

■ワンパンで明太子パスタ

最高ワンパン明太子パスタ

材料は1人前で、パスタ(1.4mm) 100g、ニンニク2片(小さかったので今回は3片)、オリーブオイル大さじ1.5、水350cc、顆粒コンソメ3g(今回は固形を削って使用)、生クリーム15g(牛乳でも可)、バター10g、皮をあらかじめ外した明太子40g、青ネギ適量、黒胡椒適量。

最高ワンパン明太子パスタ

パスタの主役である明太子は、あらかじめ生クリームでまぜておく。

最高ワンパン明太子パスタ

フライパンにオリーブオイル、みじん切りしたニンニクを入れて加熱。ニンニクが少し色づいて香りが移ったら、水、コンソメ、塩をひとつまみを入れて沸騰させてパスタを入れ、沸騰した状態は維持する程度に火を弱めて5分茹でていく。茹でている間は、パスタが固まらないように定期的に混ぜよう。

なお、鳥羽シェフは茹で時間が5分と短いことからパスタは1.4mmを推奨している。


関連記事:鳥羽周作シェフ激推し マクドナルド「ダブチの食べ方」が最強すぎる

 

■ワンパンパスタは最後が肝心

最高ワンパン明太子パスタ

ワンパンパスタは手軽ではあるが、水分量と火加減が難しい…。残り1分ほどになって水分が少なければ水を足し、このときに麺の硬さもチェックしておく。

最高ワンパン明太子パスタ

5分経って麺の硬さも良く、ほどよく水分が残った状態になったら、火を止めてバターを入れてしっかりと麺に絡ませる。そして、明太子クリームを加え、火が入らないように手早く混ぜて黒胡椒とネギをかけたら…


■ワンパンとは思えない味に驚き

最高ワンパン明太子パスタ

鳥羽シェフ考案「最高ワンパン明太子パスタ」の完成。「うまい。ワンパンでこれができるんだったらもう言うことないよ」と絶賛したその味は…

最高ワンパン明太子パスタ

なにこれ…う、うますぎ! もったりとしがちな明太子クリームパスタだが、にんにくを多めに使っていることでパンチの効いた味に仕上がっている。海苔ではなく黒胡椒とネギを選んでいるのも絶妙で、重たいクリームにアクセントが加わっていておいしい。「これを超える明太子ワンパンはないかも」と鳥羽シェフが絶賛するのもわかる。


■きのこクリームも絶品

鳥羽周作のシズるチャンネル・絶品きのこクリームパスタ

同じく鳥羽シェフのワンパンシリーズでは「絶品きのこクリームパスタ」もおすすめ。コンソメときのこの旨味、パスタのアルデンテ具合、塩加減、クリームのもったり感が絶妙で、味の一体感がとにかくスゴく、感動的なほどにおいしいので、こちらもぜひ作ってみてほしい。


■鳥羽シェフの「明太子パスタ」

・合わせて読みたい→3割の人が「あの国民食」のレトルトを食べていなかった… 初体験して驚き

(取材・文/Sirabee 編集部・二宮 新一

食べたいから作る!鳥羽周作のとっておきごはん【Amazonでチェック】

YouTubeパスタ話題明太子スパゲティ鳥羽周作鳥羽周作のシズるチャンネルワンパンパスタ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング