宮野真守、『うる星やつら』オーディション裏話 諸星あたる役にも挑んだが…

36年ぶりにリメイクされたアニメ『うる星やつら』の裏話を宮野真守ら声優陣が語り…。

2022/12/25 12:20


25日放送『ボクらの時代』(フジテレビ系)に人気声優・宮野真守神谷浩史上坂すみれが登場。彼らが出演するアニメ『うる星やつら』の貴重な裏話を語った。



 

■『うる星やつら』がリメイク

1978年から『週刊少年サンデー』(小学館)で連載開始、81年~86年までアニメ化され大人気を博した『うる星やつら』。

放送終了から36年、同作のリメイク版が2022年10月から放送開始となり、当時のファンは興奮。新たなファンを獲得するなど、話題を集めている。


関連記事:『8LOOM ROOM~君花アフターパーティー!』配信開始 ウラ話が満載

 

■リメイク版の話題に

リメイク版では、神谷が主人公・諸星あたる、上坂がヒロイン・ラム、宮野は諸星のライバル・面堂終太郎を演じている。

神谷は、オーディションの前から『うる星やつら』のリメイクの噂があったと回顧。そのときは関われないと考え「(伝説的な作品だから)やめろやめろ」と批判的だったと明かす。

しかし実際にオーディションの依頼があったので、「そうしたら話が違うね。そりゃもう、やらしてくださいって。だってもう好きで好きでしょうがなかった(作品だ)から」と前のめりで参加したと笑った。


関連記事:宮野真守、内田有紀ら新たに4名の出演が発表 本田翼主演ドラマ『君の花になる』

 

■面堂がハマり役?

宮野は「あたると面堂」どちらを演じられるかで悩んだと告白。

本格的なオーディションの前には、まず自己判断でキャラクターを演じて録音したデータ(テープ)をスタッフに送る「テープオーディション」があるが、その際に「自分のなかでのあたるが全然出てこなくて、録り終わっても『これでいいのかな?』(と悩んだ)」と振り返る。

対して面堂の場合は「どんどん出てきた。正解というよりも『こうやりたい』がドンドン出てきて…」とすんなりと役にハマれたと明かした。


関連記事:梶裕貴、『君の花になる』にゲスト出演 宮野真守演じるマネージャーの恋人役

 

■オーディションでは…

神谷はあたると面堂のオーディションに呼ばれたが、宮野はやはり面堂役のオーディションだけに呼ばれたと言及した。

人気声優の裏話に視聴者からは「神谷浩史×宮野真守×上坂すみれのトーク楽しい!」と反応。同作に関して「過去シリーズと見比べるのも楽しい」といった感想も寄せられている。

・合わせて読みたい→梶裕貴、『君の花になる』にゲスト出演 宮野真守演じるマネージャーの恋人役

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

宮野真守『Player』【Amazonでチェック】

アニメテレビリメイクボクらの時代上坂すみれ神谷浩史宮野真守うる星やつら
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング