ネットで物議の片親パン、誕生背景に目を疑う… 「真の名前」に共感の声続出

現在ネット上で波紋を呼んでいる「片親パン」なるスラング。メインユーザーからは、疑問の声が上がっており…。

2023/01/10 11:30

近頃、ネット上にて「片親パン」なるスラングが波紋を呼んでいるのをご存知だろうか。なお、こちらにカテゴライズされた商品のメインユーザーからは「疑問の声」も多く上がっており…。

【関連記事】4個に減った薄皮パン、衝撃の事実明らかに… 「これぞ神対応」とユーザー大歓喜



 

■「片親パン」って何だ?

そもそも「片親パン」とは一体どのようなパンを指すのだろう。

こちらはいわゆる「Z世代」が生んだネットスラングとして認識されており、「母子家庭・父子家庭の子供がいつも与えられていそうな安価で量が多いパン」を意味する。

山崎製パン

具体的には複数個入ったあんパン、クリームパン、チョコチップスナックパン商品などを指し、これらの商品を展開する企業、愛食するユーザーはもちろん、母子家庭・父子家庭の人々に対しても無礼極まりない、差別的なスラングである。


関連記事:5個から4個に減るヤマザキ「薄皮シリーズ」 背徳的アレンジが激うますぎる

 

■Z世代のスラング、極悪すぎる…

Z世代が生んだスラングはこの他にもカードゲーム、スマホゲーム界隈で使用された「アフガキ」(アフリカのガキ、の略。お金のないアフリカの子供のような子、を指す)や、TikTokを発祥とする「和室界隈」(垢抜けない外見をした人物、またはその投稿を指す)などが存在し、これらの差別的な表現もしばしば波紋を呼んでいる。

しかし、これらの「片親パン」と呼ばれる商品を愛する人々から疑問の声も多数上がっており…。


■運動部の学生、大人からも大人気

たとえば、とあるツイッターユーザーによる「おれからするとめちゃくちゃ『部活パン』なんよな。試合で遠征行くときとか、練習の後とかカロリーと糖分一気に取れるからマストアイテムやった…」というツイートは、投稿からわずか数日で3,500件以上ものRTを記録。

他のツイッターユーザーからは「分かります、この手のパンって学生の味方ですよね」「現場で朝早いときとか、仰る通りカロリーと糖分を短時間で取れるので重宝しています」「言われてみれば『部活パン』の方がしっくり来ますね」といった共感の声が相次いでいる。

また「僕からすると、連日家に帰れない心臓外科医が『ワンオペでゴメン…』と家族を想いながらムシャムシャ頬張るパンです」というツイートも注目を集めており、こちらの投稿には「夜勤でムシャムシャするパン」「私的には『宿直パン』ですかね」「業務の間の隙間時間にお腹を満たすのに、お世話になっています」など、反響の声が続出。学生だけでなく、働く大人たちの心強い頼れる味方であることが、改めて感じられたのだ。

また、山崎製パンの「薄皮シリーズ」は年明け1日から内容量が5個から4個に減少したが、商品1パック当たりの「総重量」には変化が見られないという企業努力が判明し、こうした点にも称賛の声が多数寄せられていた。

・合わせて読みたい→ピンセット使いカットする「小さすぎるパン」 その超精巧な世界に心を奪われた

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

ヤマザキの「神対応」が話題となった菓子パン【Amazon】

パンツイッター話題差別ネットスラング菓子パン
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング