川島明、吉野家牛丼の“こだわりの食べ方”を実践 「やっぱうまいな」

麒麟・川島明とサンドウィッチマン・伊達みきおが『ウワサのお客さま』で吉野家の牛丼の食べ方を実践して…。

2023/06/10 08:25


麒麟・川島明

9日放送『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)では人気牛丼チェーン店・吉野家を特集。番組MCの麒麟・川島明とサンドウィッチマン・伊達みきおが「牛丼のこだわりの食べ方」を披露した。


 


 

■日本のソウルフード

全2,171店舗で年間1億食を販売する吉野家の牛丼。日本のソウルフードとも言える牛丼だけに、注文方法や食べ方ひとつとっても、それぞれに強いこだわりがあるようだ。

そこで吉野家フリークの川島と伊達が、スタジオでそれぞれの「こだわりの食べ方」を実践していく流れに。


関連記事:卵一つを巡って… 吉野家とペッパーランチで我々が「間違った判断」してしまう理由

 

 

■唐辛子をかけて…

川島は牛丼に唐辛子をたっぷりとかけたあと、小鉢に溶いた生卵を用意。

「卵に…こっちに(牛肉を)つけるのよ、すき焼きスタイル。牛皿とかでもやるんですけど、これでまずちょっといくっていう…」と実践、「うまっ。やっぱうまいな吉野家」と笑顔をこぼした。


関連記事:すき家の正式名、意外すぎる誤字に目を疑う 「あの1文字」で油断すると…

 

 

■伊達の場合は?

対して、伊達は牛丼の上に大量の紅生姜をのせていく。

「僕は一口目、必ずね、紅生姜をお肉で巻いて食べるんですよ」と牛肉で紅生姜を巻いていき一口で頬張る。「うまい、最高」とうれしそうに感想を述べた。


関連記事:吉野家、なぜか「最強の唐揚げ屋」に転生 クリスマス商戦にチキンで殴り込みか…

 

 

■視聴者の反応は…

もう1人のMC・富澤たけしのこだわりの食べ方は紹介されなかったが、番組収録中に牛丼をかきこんで完食。2人に負けない牛丼愛を漂わせていた。

視聴者も「七味は大量にかけるわ。すき焼きみたいな食い方はしないけど」「紅生姜マシマシはとてもおいしい」と川島・伊達の食べ方に興味津々。また、「めっちゃ吉野家食べたくなった」「4~5年吉牛食べてないな、明日食べようかな」と食欲を刺激された声も目立っている。

・合わせて読みたい→吉野家、なぜか「最強の唐揚げ屋」に転生 クリスマス商戦にチキンで殴り込みか…

(文/Sirabee 編集部・サバマサシ

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

牛丼吉野家テレビサンドウィッチマン麒麟富澤たけし伊達みきお川島明ウワサのお客さま
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング