和田アキ子、広末涼子の“謝罪文”に苦言 「ごめんなさい」に違和感

広末涼子の不倫謝罪文に、和田アキ子が言及。「ごめんなさい」との表現を指摘し…。

2023/06/18 14:15

和田アキ子・広末涼子

女優・広末涼子の不倫騒動について、歌手の和田アキ子が18日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)でコメント。インスタグラムに掲載した直筆謝罪文の「ごめんなさい」という表現に対する違和感を指摘した。



 

■マネージャーのインスタグラムで謝罪

人気レストラン・sioのシェフである鳥羽周作氏とのダブル不倫疑惑が報じられた広末。番組はこの騒動を取り扱い、これまでの経緯や週刊誌に掲載された双方のコメントなどを紹介する。

当初は不倫を否定していた広末だが、後に事実を認め、事務所は無期限の謹慎を発表。広末も14日には、マネージャーのインスタグラムに直筆の謝罪文を投稿した。


関連記事:遠野なぎこ、広末涼子の不倫行為に憤慨 「子供の顔は浮かばなかったのか」

 

■表現の軽さを指摘

番組はスポーツ紙の記事を紹介する形でこの謝罪文に触れ、「ごめんなさい」と大きく書かれた紙面を表示する。すると、和田は食い気味に「私さ、この『ごめんなさい』ってあんま好きじゃないのよ」と指摘。

「『本当に申し訳ございません』とかね、『誠に申し訳ございません』ならわかるんだけど。『ごめんなさい』っていうのはなんか軽いよ」と言葉遣いに厳しい意見を投じた。


関連記事:広末涼子、“ラブレター”はなぜ流出した…? 元週刊誌記者が明かす「不倫取材」の裏側

 

■「ごめんなさい」に違和感

和田は「『ごめんね』とか『こないだあぁいうことしちゃってさぁ、本当ごめんね』とかさ、『いやぁ、許して! ごめんなさい! じゃあね』っていう感じで」と、引き続き「ごめんなさい」という言葉への違和感を述べていく。

ここで、「『ごめんなさい』って、可愛かったらこんな言葉でもいいわけ?」と疑問をぶつけると、共演者からは苦笑いのような笑いが起こった。


関連記事:広末涼子の謝罪文にない「キャンドル・ジュン氏」の名前 W不倫最大の被害者、6割が答えたのは…

 

■引き続きズバリと指摘

サバンナ・高橋茂雄が「謝罪の言葉としては弱いと?」とたずねると、和田は「私は思います。『ごめんなさい』っていうのは」とズバリ。

一応、文中では「心よりお詫び申し上げます」ともつづっていたため、宇内梨沙アナウンサーは「『心よりお詫び申し上げます』などとつづってはいるんですけど、併せて『ごめんなさい』ということなんですが」ともフォローしたが、和田としては「笑って許して」とはいかなかったようだ。

・合わせて読みたい→広末涼子の謝罪文にない「キャンドル・ジュン氏」の名前 W不倫最大の被害者、6割が答えたのは…

(文/Sirabee 編集部・玉山諒太

和田アキ子『おとなの叱り方』【Amazonでチェック】

不倫テレビ謝罪和田アキ子高橋茂雄広末涼子アッコにおまかせ!鳥羽周作
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング