設楽統×バカリズム×川島明 『お笑いエスポワール号』で3人が初のMC揃い踏み

6月22日、29日深夜より2週連続放送『お笑いエスポワール号』。マスターSこと設楽統は「若い頃、この手の番組が苦手だった人がMCで揃いました」とコメント。

2023/06/20 12:00


お笑いエスポワール号

22日、29日の2週にわたり、深夜23時56分からのモクバラナイト枠で『お笑いエスポワール号』(TBS系)が放送。MCを務める設楽統バカリズム川島明が全50組・総勢100人の芸人たちのネタを判定する。


 


 

■お笑いデスゲームバラエティ

世界中のセレブたちが密かに集うという豪華客船「お笑いエスポワール号」。乗船しているセレブたちを楽しませるために、ゲームの主催者によって集められたのは“笑いで大成したい芸人”たち…。

同番組は、笑いとお金に飢えた全50組・総勢100人の芸人たちが地位と名誉と賞金の獲得を目指し、最後の1組が勝ち残るまで戦い続ける“お笑いデスゲームバラエティ”だ。


関連記事:ビスブラ&ウエストランドが緊急参戦『ドリーム東西ネタ合戦』 王者が夢の共演

 

 

■ネタを判定する3人のマスター

芸人たちのネタを判定するのは、お笑いデスゲームの主催者であるマスターS(設楽)、マスターヒデ(バカリズム)、マスターK(川島)の3人。

設楽、バカリズム、川島は個々での共演はあるが、3人揃ってのMCは初となる。“お笑い愛” “芸人愛”に溢れた3人は、はたしてどのようなジャッジをするのか。3人の掛け合いにも注目だ。


関連記事:川島明、『ラヴィット』は50歳代に向けての投資? 「あれは保険ですよ」

 

 

■第1ステージからアツいデスゲームが

第1ステージの「DEAD or ALIVEショートコント」では、ある方法でお題の書かれた紙を手にした芸人がお題に沿ったショートコントを披露する。このステージでは半分以上の芸人が脱落し、通過できるのはわずか20組の芸人のみ。第1ステージからアツいデスゲームが展開。

第2ステージは、「即席ユニットコントバトル」。第1ステージを通過した20組が、即席でユニットを結成しネタを披露。2組のコンビが1つのユニットになるため、面白い仲間を見つける嗅覚、そして即席への対応力が試される。通過できるのは5ユニット(芸人10組)となる。

バカリズム(著) 都道府県の持ちかた【Amazonでチェック】

次ページ
■見事勝ち残った1組は…
セレブ豪華客船バカリズムTBS系設楽統川島明ジャイアントキリングそいつどいつモクバラナイト枠お笑いエスポワール号お笑いデスゲームバラエティ
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング