大谷翔平、1試合2個の申告敬遠に悲嘆相次ぐ 「腹が立つ…」「勝負しろよ」

大谷翔平が、今季21個目の申告敬遠を受ける。本塁打王争いへの影響を懸念するファンも。

2023/09/03 10:40

大谷翔平

MLBロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が2日(日本時間3日)敵地でのオークランド・アスレチックス戦に出場。1試合中に2度の申告敬遠を受け、ネット上で落胆の声が相次いだ。



 

■今季21個の申告敬遠

大谷選手はこの試合に2番DHで先発出場。初回にエンゼルスが1点の先制点を挙げるも、4回に2ラン本塁打を被弾して1対2に。

追いつきたい状況で5回表、大谷選手が一死2塁のチャンスで打席に立つが、アスレチックスから申告敬遠。この回は得点できずに終わった。

得点状況が変わらないままエンゼルスの9回表の攻撃。二死3塁のチャンスで大谷選手に打順が回るも、また申告敬遠を受ける。

そして次の打者がセンターフライに倒れ、エンゼルスは敗戦。大谷選手はこの試合無安打で終わった。今季に受けた申告敬遠の数は21個となり、自己最多を更新している。


関連記事:高木豊氏、大谷翔平の“MLB史上初の快挙”にお手上げ 三冠王の可能性にも言及

 

■ファンの不満が噴出

大谷選手が戦ってもらえないことにはファンの不満が噴出し、X(旧・ツイッター)上では「申告敬遠」がトレンド入り。

「大谷申告敬遠されすぎでしょ… HR数伸ばすチャンスゴリゴリ減らされる」「ちょっと申告敬遠に腹が立つ…」「勝負しろよ」「大谷翔平のホームラン王・打点王の2冠に最大の障害は申告敬遠」など、落胆や憤りを見せる投稿が相次いだ。


関連記事:大谷翔平、靭帯損傷後初の試合も痛烈ヒット ファンからは心配と安堵が

 

■プレイオフ進出の可能性がないのに…

ア・リーグ西地区で最下位のアスレチックスは、レギュラーシーズン後にあるポストシーズン(プレイオフ)進出の可能性が消えている。

そのため、「勝っても負けても別に関係ないんだから、敬遠なんてしないで勝負しろよ!」「べつにプレイオフ行かんのやし申告敬遠する必要ある?」「最下位争いで申告敬遠するなよ」といったコメントも上がっていた。

・合わせて読みたい→大谷翔平活躍で「トラウト大谷」が話題も… エンゼルス黒星スタートにため息

(文/Sirabee 編集部・栗原コウジ

『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』【Amazonでチェック】

XトレンドツイッターMLB大谷翔平オークランド・アスレチックスロサンゼルス・エンゼルス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング