岡田彰布監督は「ひどい目にもあっている」 江本孟紀氏が過去の苦労を告白

江本孟紀氏が阪神タイガース・岡田彰布監督が歩んできた野球人生を回想。2回監督就任を逃している?

2023/09/26 20:40

岡田彰布

野球解説者の江本孟紀氏が自身のYouTubeチャンネルで、阪神タイガース・岡田彰布監督の「苦労」を語った。



 

■岡田監督についてトーク

岡田監督について江本氏と田尾安志氏がトークした今回の動画。

江本氏は「岡田の話はいっぱいあってね。あれは2回くらい監督をすっぽ踏まされた(なり損ねた)でしょ。監督になる前に。最初は星野さんに代えられて。その次はノムさんに代えられて(字幕で順番が逆と訂正)」と話す。

さらに「そのときは監督になるということで、こう(胴上げのポーズ)してたのに、直前に降ろされて。それもまた、きついよな」とコメントした。


関連記事:原辰徳監督の投手陣不調の原因? 江本孟紀氏が独自分析 「投げ込みが…」

 

■「ひどい目にもあっている」

話を聞いた田尾氏が「だからねえ、いろいろ経験しているんですよね」と笑うと、「すごい経験をしているんだよ岡田監督は、みんなあんまり知らないけど」と話す。

そして「だからああいうもので、なにもスター街道だけで来たわけではなくて、めちゃくちゃひどい目にもあっているしね」と江本氏は語る。

すると田尾氏が「それでいて、自分の言いたいことは言うじゃないですか。あれが岡田の良さだと思うんだよね。みんなおとなしくなってしまう人が多いじゃないですか」と指摘した。


関連記事:原辰徳監督の投手陣不調の原因? 江本孟紀氏が独自分析 「投げ込みが…」

 

■解説者時代にも言及

江本氏は「評論家になったでしょ、オリックスの監督を辞めて。そのときに関西の解説ばかりしていたじゃないですか。結構阪神のことをビシビシビシビシ」と話し、田尾氏も「そう。解説のときかなり厳しいコメントをしていました」と同調する。

続けて江本氏は「そしたら誰とは言わないけど、某球団社長が俺に甲子園で、ぞーっと寄ってきて、『あの口をもうちょっと黙らせてもらえませんか』って。俺に言ってきたからね。『言っておきますよ』と言ったけどね、それを俺が言えるか、みたいな」と笑った。


関連記事:岡田彰布監督の起用法に田尾安志氏が異論 「ノイジーの使い方が…」

 

■田尾氏がフォロー

岡田監督の解説者時代について田尾氏は「あれは球団に対してということではなく、現場の野球のことについてですよね?」とフォローする。

すると江本氏も「野球をちゃんとしたいから言っていると。だからそういう精神というのはね、公平じゃないですか。気持ちが」と称賛。

田尾氏は「選手を見る目も平等に見ているなと。良いものは良い、ダメなものはダメ。ただ1つ気に要らないのはノイジーの使い方なんですよ」と笑っていた。


関連記事:原辰徳監督に「死ぬまで恩義を感じている」 元阪神・江本孟紀氏が告白

■阪神の主力として活躍した岡田監督

岡田監督は東京六大学野球の早稲田大学で活躍し、1979年にドラフト1位で阪神に入団。1年目から試合に出場し、新人王を獲得すると、1985年の日本一に貢献するなど、長年タイガースの主力としてチームを支えた。

晩年、阪神を自由契約になると仰木彬監督に請われオリックス・ブルーウェーブに移籍。2年プレーしたのち引退する。

その後オリックスの二軍監督から指導者生活をスタートさせ、阪神で監督として2回、コーチとして1回リーグ優勝を経験している。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■江本氏と田尾氏が岡田監督を語る
野球監督阪神タイガース甲子園球場江本孟紀田尾安志岡田彰布
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング