店頭に並んだブロッコリー、その異変に目を疑う 予想外な理由に「知らなかった…」の声

昨今、店頭に並ぶブロッコリーに驚きの変化が。農業法人・安井ファームの説明に「知らなかった…」と驚きの声が相次いでいる。

2023/11/28 04:45


 

■そんな経緯があったのか…

今回の取材に際し、安井ファーム担当者からは「当社においては『11月とは思えぬ暖かさ』の影響により、11月10日頃から(BCTを)実感しております」との回答が。

販売価格自体は「例年と比べて極端に値下がりしている」ワケではないものの、最近まで値段がかなり高かったため、その落差を強く実感した消費者も多かったのではないかと推測している。

ブロッコリー

ポスト投稿の経緯については「地域によっては『ブロッコリー1株400円近くしていた』との情報もあり、しばらく買い控えを心に決めた方もいらっしゃったかと思います。価格の変動が急激だっただけに、改めてお買い求めやすい価格になったという情報をお届けできればとの思いから、発信いたしました」とのこと。

また、急激に安くなったことでブロッコリーの品質を警戒する人もいるのでは…という懸念から、消費者が安心してブロッコリーを買えるように、との思いも込められているのだ。


関連記事:DAIGO、料理コラムニスト・山本ゆり氏直伝レシピにトライ 「家族にも大評判!」

 

■乗るしかない、このBCTの波に

ブロッコリー

10月以降、都内近郊では「秋が消滅してしまった」かのように、暖かさと寒さが怒涛のシーソーゲームを繰り広げている。本日28日も関東地方は、最高気温が20℃超と「季節外れの暖かさ」を記録。

こうした季節外れの気温は「日々の服装」を悩ませる厭わしい存在だが、今回のブロッコリーのように、様々な野菜たちに少なくない影響を与えているのもまた事実である。

ブロッコリー

なお、話題のポスト投稿から既に2週間が経過しているが、X上ではまだブロッコリーの安さが話題となっている。久しくブロッコリーを食べていないという人は、ぜひこのビッグウェーブに乗ってほしい。


関連記事:最上もが、2歳長女がおかわりした意外な食べ物 「予想以上に渋かった」

 

■執筆者プロフィール

秋山はじめ:1989年生まれ。『Sirabee』編集部取材担当サブデスク。

新卒入社した三菱電機グループのIT企業で営業職を経験の後、ブラックすぎる編集プロダクションに入社。生と死の狭間で唯一無二のライティングスキルを会得し、退職後は未払い残業代に利息を乗せて回収に成功。以降はSirabee編集部にて、その企画力・機動力を活かして邁進中。

X(旧・ツイッター)を中心にSNSでバズった投稿に関する深掘り取材記事を、年間400件以上担当。ドン・キホーテ、ハードオフに対する造詣が深く、地元・埼玉(浦和)や、蒲田などのローカルネタにも精通。

・合わせて読みたい→最上もが、2歳長女がおかわりした意外な食べ物 「予想以上に渋かった」

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

この中に、ブロッコリーの全てが…!【Amazon】

X野菜ツイッター話題ブロッコリー安井ファーム
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング