店頭に並んだブロッコリー、その異変に目を疑う 予想外な理由に「知らなかった…」の声

昨今、店頭に並ぶブロッコリーに驚きの変化が。農業法人・安井ファームの説明に「知らなかった…」と驚きの声が相次いでいる。

2023/11/28 04:45

我われ日本人は「語呂合わせ」を好む民族。そのため「いい⚪︎⚪︎の日」が制定しやすい11月は「語呂合わせ記念日」の繁忙期となっている。

去る11月26日は「いいブロッコリーの日」であったが、店頭に並ぶブロッコリーに異変が起きていたのをご存知だろうか…。

【関連記事】埼玉のコンビニで遭遇した警告文、思わず目を疑うが… 「よく言った」と称賛の嵐


画像をもっと見る

 

■ブロッコリーめぐる突然のパワーワード

今回注目したいのは、栽培面積ベースで石川県産ブロッコリーの約3割を1社単独で担っている農業法人「有限会社安井ファーム」が13日に投稿したポスト。

ブロッコリー

「この頃、急激にブロッコリーがお買い求めやすくなっております」という書き出しから始まる投稿は、「天候の影響によりブロッコリーが世の中に溢れておりますので、消費者のみなさまにおかれましては『ブロッコリーチャンスタイム』ということで、この機会に是非ブロッコリーを思う存分お楽しみ頂けますと幸いです」と、パワーワードを交えつつ、昨今のブロッコリー事情について説明していたのだった。


関連記事:ブロッコリーが“やたら旨くなる”簡単レシピ 「レンジで作ったとは思えない美味しさ」

 

■「ブロッコリーチャンスタイム」って何だ?

「ブロッコリーチャンスタイム」(BCT)という強烈なパワーワードもさることながら、世のブロッコリーが置かれた状況に人々は驚愕。

件のポストは投稿から数日で3万件近くものリポストを記録し、他のXユーザーからは「ブロッコリー好きなので、めちゃくちゃ嬉しいです!」「最近ブロッコリーが安かったのは、そういう理由だったのか…」「これはナイスブロッコリー」など、称賛と驚きの声が多数寄せられていた。

ブロッコリー

果たして、どのような条件のもとでBCTが発生したのだろうか。安井ファームに詳しい話を聞くと、驚きの舞台裏が明らかになったのだ…。

この中に、ブロッコリーの全てが…!【Amazon】

次ページ
■そんな経緯があったのか…
X野菜ツイッター話題ブロッコリー安井ファーム
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング