大雪の東京で撮られた不穏な写真、標識の3文字にゾッとした 「不吉すぎる」とネット民驚愕

大雪の東京・桜田門で撮影された写真。その不穏すぎるシチュエーションに「歴史的事件」を連想する人が相次いだ。

2024/02/08 04:45

多くの人が「大塩平八郎」と聞いて即座に「乱」を連想するように、かつて学校の授業で習った歴史上の出来事は、詳細を忘れていても名称はやけに記憶に残っているもの。

現在X(旧・ツイッター)上では、都内某所にて撮影された写真が「歴史的大事件を連想させる」と話題になっているのを、ご存知だろうか。

【関連記事】滑って転んだ体に5つの異変、その正体にゾッとした… 雪に潜む悲劇が「怖すぎる」と話題



 

■この映えスポット、何かおかしい…

今回注目したいのは、Xユーザー・酉越くろうさんが5日夜に投稿した1件のポスト。

同日は午後から都内近郊を大雪が襲った日で、ポスト本文には「雪の東京の映えスポットに来たよ」との1文が。こちらは皇居付近で撮影された写真のようで、和風の建築物と雪の組み合わせは非常に趣きを感じられる。しかし、写真脇にある標識をよく見ると…。

桜田門外

そこには「桜田門」の3文字が表記されていたのだった。


関連記事:遭難レベルで大雪の北海道、なぜか1軒明るい建物が… 「無敵すぎるコンビニ」に称賛相次ぐ

 

■「タイムスリップ感がスゴい」

桜田門といえば、江戸城(現在の皇居)の内堀に造られた門の1つで、付近には「桜田門駅」も存在する。しかし「桜田門」と聞くと、多くの人が「警視庁」を指す隠語や、かの「桜田門外の変」を連想するのではないだろうか。

日本には降雪(積雪)時に起こった有名な事件がいくつか存在し、代表的なのは「赤穂事件」「二・二六事件」、そして水戸浪士らによって時の大老・井伊直弼が暗殺された「桜田門外の変」である。

桜田門外

やはり今回話題となったポストを見て、同事件を連想した人は多い模様。件のポストは投稿から2日足らずで1万件以上ものリポストを記録し、他のXユーザーからは「東京で一番、雪が降って不穏な場所」「タイムスリップ感がスゴい」「嫌な予感がする…」「不吉だけど、綺麗な光景」など、驚きと感動の入り混じった声が多数寄せられていたのだった。


関連記事:大雪の札幌で「自転車に起きた異変」が話題に これはやばい…と驚きの声が続出

 

■撮影者は「水戸出身です」

話を聞いたところ、なんとポスト投稿主・酉越さんは茨城県水戸市出身であると判明。

当時の様子について、酉越さんは「雪が降っていたのでチャンスと思い、散歩がてら寄って撮ったものです」「雪がひどく雷も鳴っていたので、周りに誰もいませんでした。寒かったです。私が水戸出身というのもあり思いつきで撮りましたが、話題になって驚きました」と振り返っていた。

大雪による視界の悪さが、桜田門外での襲撃・暗殺を成功させたという説も存在する。同日に雪が降っていなければ、我々の暮らす日本は今とは違う道を歩んでいたのかもしれない。


関連記事:突然の積雪、簡単に実践できる“事故を防ぐ方法”に注目集まる 持ち物を変えるのも重要かも

 

■執筆者プロフィール

秋山はじめ:1989年生まれ。『Sirabee』編集部取材担当サブデスク。

新卒入社した三菱電機グループのIT企業で営業職を経験の後、ブラックすぎる編集プロダクションに入社。生と死の狭間で唯一無二のライティングスキルを会得し、退職後は未払い残業代に利息を乗せて回収に成功。以降はSirabee編集部にて、その企画力・機動力を活かして邁進中。

X(旧・ツイッター)を中心にSNSでバズった投稿に関する深掘り取材記事を、年間400件以上担当。ドン・キホーテ、ハードオフに対する造詣が深く、地元・埼玉(浦和)や、蒲田などのローカルネタにも精通。

・合わせて読みたい→突然の積雪、簡単に実践できる“事故を防ぐ方法”に注目集まる 持ち物を変えるのも重要かも

(取材・文/Sirabee 編集部・秋山 はじめ

雪の日に観たい作品【Amazon】

X歴史日本史ツイッター話題大雪桜田門
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング