ムロツヨシ主演の日テレドラマ『たーたん』に“制作中止”報道 「当事者意識がない」怒りの声も…

日本テレビと小学館が「再タッグ」を組む予定だったドラマ『たーたん』に中止報道が。『セクシー田中さん』の問題が影響したようで…。

2024/02/21 16:30

日テレ・日本テレビ

21日、『文春オンライン』で今年4月からムロツヨシ主演で放送予定だったドラマ『たーたん』(日本テレビ系)の制作が中止されると報じられた。同作は、ドラマ『セクシー田中さん』のプロデューサーと小学館が「再タッグ」を組んだ作品。

一連の騒動が波紋を呼ぶ中、ネット上では日本テレビに対して厳しい声もあがっていて…。

【関連記事】『セクシー田中さん』作者逝去で注視、原作漫画のドラマ化に潜む「リスク」 ネットでは厳しい声も…



 

■ムロ主演でのドラマ化報道

原作漫画『たーたん』は西炯子さん原作で、『ビッグコミックオリジナル』(小学館)で連載中。冴えない童貞男の主人公が15年前に殺人を犯した友人の赤ん坊を預かり、刑務所に入った友人に代わって育て上げる。

童貞のまま父親になった男と、本当の親を探し求める娘の成長を描いた作品だ。一部のメディアで、ムロ主演で日本テレビでドラマ化すると報じられていた。


関連記事:急死した『セクシー田中さん』作者・芦原妃名子さんの胸中に漫画界から寄り添う声 「苦痛を考えたら…」

 

■『セクシー田中さん』問題が影響か

だが、1月29日に人気漫画『セクシー田中さん』の原作者・芦原妃名子さんの逝去により暗雲が立ち込める。2月21日配信の『文春オンライン』によれば、「たーたん実写版」はドラマ『セクシー田中さん』と同じプロデューサーが手がける予定だったという。

芦原さんは亡くなる直前、自身のXでドラマ化にあたって原作改変をめぐる「トラブル」があったことを告白し、波紋を呼んだ。『たーたん』は渦中の小学館×日本テレビの作品とあって、双方で話し合いを重ねた結果、「制作中止」という結論に至ったという。


関連記事:「セクシー田中さん問題」で最も責任が重いのは? 女性に目立つ脚本家・相沢友子氏への怒り

 

■日本テレビに対する厳しい声も…

『たーたん』が4月クールでドラマ化することは公式に発表されていなかった。放送開始まで2ヶ月と迫る中、ドラマが幻になったことはネット上でも話題に。「やっぱり中止か」「ムロさんのたーたん見たかったけど仕方ないと想う」「このタイミングでは無理でしょ」など、中止に納得する声があがっている。

また、「なぜ完結していない作品を実写化するのか」「日テレは全く懲りてねぇし反省すらしてない」「当事者意識が無いとしか思えない」など、日本テレビに対する厳しい声も…。

日本テレビは15日、一連の騒動を受けて「社内特別調査チーム」を設置することを発表した。人気漫画のドラマ化を巡る問題は今後、どのような展開を見せるのか──。

・合わせて読みたい→『セクシー田中さん』原作者・芦原妃名子さんが逝去 亡くなる前日には意味深な投稿も…

(文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

『セクシー田中さん』【Amazon】

日本テレビ原作ムロツヨシ小学館セクシー田中さん芦原妃名子たーたん
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング