『不適切にもほどがある』人気爆発、一体なぜ… タイムスリップ作品の「弱み」を克服

『不適切にもほどがある!』が注目度を増している。ネットでは、「見なかったの後悔する」という声もあがっていて…。

2024/03/01 04:15


不適切にもほどがある!

放送中のドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系)が好評だ。コンプライアンス遵守が求められる昨今、攻めた内容がネット上でも話題を呼んでいる。

なぜ、これほど多くの人を惹きつけるのだろうか…。

【関連記事】『さよならマエストロ』ロケ地の大学、キャンパス貸し出し“年収”に衝撃 「資産の有効活用」と話題


 


 

■「昭和のオヤジ」が令和にタイムスリップ

『不適切にもほどがある』(以下、『ふてほど』)は、阿部サダヲ演じる主人公が1986年の昭和から2024年の令和にタイムスリップするところから始まる。中学校の体育教師で野球部の顧問を務める主人公は、子供達をケツバットで殴って気合いを入れる、教室や公共交通機関でたばこを吸う、女性にセクハラ発言をするなど、令和では物議を醸す言動を取る豪快な人物。

そんな彼がコンプライアンスに厳しい令和の時代に周囲と衝突しつつも、家族や新しく出会った人達と絆を深めていくヒューマンコメディだ。脚本は「クドカン」でお馴染みの宮藤官九郎が手がけ、出演者も主演の阿部をはじめ古田新太、吉田羊、仲里依紗、磯村勇斗など豪華なメンバーがそろっている。


関連記事:阿部サダヲ主演ドラマ『不適切にもほどがある!』 第4話にトリンドル玲奈ら3名のゲスト出演が決定

 

 

■「見てなかったの後悔するレベル」

主人公が昭和と令和のギャップに奔走する様子をコミカルに描いた同作は、毎週金曜日の放送のたびに話題に。Xで「ふてほど」がトレンド入りすることも多い。

ネット上でも、「家族愛の押し付けは無いけど感動する展開がある」「会社の会食で話題になって見始めたけどめちゃくちゃ刺さる」「これ、今の世の中が欲してたドラマじゃないかな」「もう5話終わってて、見てなかったこと後悔するレベル」など、夢中になる人が続出している。

『ふてほど』が人気を博した理由を探るため、関係者に取材した。

懐かしの昭和家電【Amazon】

次ページ
■時代背景とストーリ展開が魅力的
ドラマ阿部サダヲタイムスリップ昭和令和不適切にもほどがある!ふてほど
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング