『不適切にもほどがある』人気爆発、一体なぜ… タイムスリップ作品の「弱み」を克服

『不適切にもほどがある!』が注目度を増している。ネットでは、「見なかったの後悔する」という声もあがっていて…。

2024/03/01 04:15


 


 

■時代背景とストーリ展開が魅力的

ある制作会社関係者は、『ふてほど』は特に30代~40代の人に刺さった印象を受けると指摘する。

「この世代は、昭和ほどではないものの、1990~2000年代のまだコンプライアンスの縛りが少なかった時代を経験しています。公共交通機関でたばこを吸う人を見かけたり、部活動で『水を飲むな!』と叱られるなど、ドラマで描かれる日常に懐かしさを覚える人が多いのでしょう」(制作会社関係者)。

時代背景に加えて、ストーリー展開も人気を博した理由の一つのようだ。

前出の制作会社関係者は、「最近は原作となる漫画や小説をもとにしたドラマが多いです。こうした作品は結末をネットで調べて、視聴をやめてしまう人もいます。その点、『ふてほど』は完全オリジナルで、1話完結でありながら物語の最後に次の話へ興味を持たせる演出なので、毎週視聴したくなるのでしょう」と話す。


関連記事:阿部サダヲ主演新ドラマ『不適切にもほどがある!』 ドデカポスターが渋谷駅に登場

 

 

■タイムスリップの「弱み」もカバー

今作は、昭和から令和へのタイムスリップが大きなテーマ。昨今、漫画や映画、ドラマで「タイムスリップ」を扱う作品は珍しくない。

『ふてほど』は、タイムスリップ作品の「弱み」をカバーしているようで…。「主人公が過去や未来に行く物語は定番であるゆえに、見る人の目も肥えています。そのため、時間軸の対比をしっかり描かないと、『よく分からない』といった批判につながりやすいんです。『ふてほど』は登場人物の服装や髪型、ちょっとした言動など細かい部分でも昭和と令和の違いを表現しているため、分かりやすく、万人に受け入れられるのだと思います」(前出・制作会社関係者)。

本日3月1日の放送回から、ドラマは後半戦に入る。この先、主人公をはじめとする登場人物達にどんな展開が待ち受けているのか、“気になるにもほどがある”!


関連記事:阿部サダヲ主演ドラマ『不適切にもほどがある!』 第6話に池田成志ら3名のゲスト出演が決定

 

 

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。旧ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

今期の推しは、『正直不動産2』(NHK)、『院内警察』(フジテレビ系)、『不適切にもほどがある!』(TBS系)。

『不適切にもほどがある!』では、大事な場面で”愚か者”がギンギラギンにならない「ムッチ先輩」(磯村勇斗)がお気に入り。

・合わせて読みたい→阿部サダヲ主演ドラマ『不適切にもほどがある!』 第6話に池田成志ら3名のゲスト出演が決定

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

懐かしの昭和家電【Amazon】

ドラマ阿部サダヲタイムスリップ昭和令和不適切にもほどがある!ふてほど
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング