スピードワゴン・小沢一敬、松本人志との間にできた“距離” 騒動後の生活は激変して…

松本人志の裁判が始まる中、スピードワゴン・小沢一敬の先行きは見通しがつかない。騒動前とは激変した生活を送っていて…。

2024/04/08 11:30


 


 

■松本人志との間にできた「距離」

『週刊文春』によれば、小沢は飲み会で女性を集める“アテンダー”を務めたとされている。一連の騒動の発端になったと言えなくもない。それだけに、現在の松本との関係が気になるところだが…。

「直接連絡は取り合っていないそうです。松本さんが訴訟を起こしたことで大きな話題になったので、事態が混乱しないよう直接的なやりとりは控えているのだと思います。松本さんは弁護士を付けていますし、小沢さんとは異なる事務所に所属しているので、現在は弁護士か双方の事務所を通じてのやりとりに限られているのではないでしょうか」(前出・芸能事務所関係者)。

今回の件を機に、一時的に2人の間に“距離”ができているようだ。


関連記事:小沢一敬、松本人志への「アテンド疑惑」で囁かれる評判 今後の仕事に影響する可能性も…

 

 

■芸能界復帰は難航か

活動を休止して約3ヶ月が経つが、依然として小沢が芸能界に復帰する兆しは見えない。小沢がテレビに出演するのはハードルが高いようで…。

「松本さんの件は大きな注目を集めたので、仮に小沢さんがテレビに出たら、視聴者からテレビ局に苦情が寄せられる可能性があります。また、今後の状況次第ではありますが、小沢さんが松本さんの裁判の証人として出廷することも考えられます。ある程度、松本さんの裁判に見通しがつかない限り、小沢さんが活動を再開するのは難しいかもしれません」(前出・芸能事務所関係者)。

スピードワゴンのふたりが揃う日はいつになるのか──。


関連記事:スピードワゴン・小沢一敬、活動継続を発表 「何ら恥じる点がない」所属事務所が説明

 

 

■執筆者プロフィール

斎藤聡人:1991年生まれ。『Sirabee』編集部記者。

某週刊誌の芸能記者を経て現職に。旧ジャニーズネタなど、芸能ニュースを中心に様々なジャンルを取材する。

チェーン店からローカル店まで様々な飲食店をめぐり、グルメ記事も手がける。仕事も兼ねた毎日のドラマ鑑賞が日課。

・合わせて読みたい→スピードワゴン・小沢一敬、活動継続を発表 「何ら恥じる点がない」所属事務所が説明

(取材・文/Sirabee 編集部・斎藤聡人

おとな六法【Amazon】

裁判松本人志週刊文春スピードワゴン小沢一敬
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング