東野幸治、後輩芸人の改名に「薄ら寒くて」と本音 名前の“ある文字”を見て…

東野幸治が改名した後輩芸人とトーク。「頑張っていただきたい」と応援した。

2024/04/23 19:45


東野幸治

タレント・東野幸治が23日、自身のYouTubeチャンネル『東野vs』を更新。お笑いコンビ・天津の天津飯大郎の名前を見て思ったことを話した。

【動画】東野「コイツ必死やなと思って…」



 

■今年2月に改名

天津は今年2月に「向清太朗」から「天津飯大郎」に改名。動画では改名のことが話題になり、東野は「普通『太』っていう太郎じゃないですか」と漢字に触れる。

一般的な「太郎」ではなく「大郎」としており、「コイツ必死やなと思って。画数にすがりよんなと思って(笑)」と画数による運勢を気にして「太」ではなく「大」にしたのではないかと思ったようだ。


関連記事:すゑひろがりず南條、ブレイク後の吉本の変化を明かす 「名前で呼んでくれる…」

 

■天津「そういう理由です」

「そういう理由じゃないんですか?」と聞くと、天津は「あれはそういう理由です」と認める。「『大』だと非常にいいです」と説明した。

画数を気にする天津に東野は「あれが薄ら寒くて(笑)」「『なんやねんコイツ必死か』って思って」と本音をこぼす。

天津は「垂れてない蜘蛛の糸をつかんだ気持ちで今やってますので」と心境を明かし、東野は「頑張っていただきたい」と応援した。


関連記事:鬼越トマホーク、二重人格だと思う吉本の大先輩は… 東京では「仮の姿」

 

■視聴者「すっきりした」

東野の動画を見た視聴者からは、「画数だったのか、すっきりした」「画数に気づくダディ(東野)いい」といったコメントが上がった。

「てんしんめしたろうのほうが語感的に良いかとー」と、名前の読み方についてコメントする視聴者も見られる。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■後輩芸人の改名に言及する東野
YouTube東野幸治改名向清太朗東野vs天津天津飯大郎
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング