「ドンファン妻のイケメン弁護士」、文春砲に徹底反論 事実誤認と「見事なほどの悪意」

佐藤大和弁護士は「紀州のドンファン」野崎幸助氏の妻の代理人を務めている。

2018/06/23 16:00



 

■悪意のある編集と間違った内容

今回、記事には自分の経緯や『ずるい暗記術』『ずるい勉強法』(共にダイヤモンド社)からたくさん引用され、構成されている。お見事なほど悪意のある編集である。

きっと今まで多くの方々が週刊誌に書かれてきたと思うが、ほとんどの方が、このように最初から悪く書くことを前提に、悪意のある編集をされていたのである。

たとえば、「弁護士になってからのシンプルな欲求は『もっと有名になりたい』」とあるが、本書には「私が弁護士になりたいと思ったのは『困っている人を助けたい』と思ったからでした。(中略)常に自分の欲求と向き合い、夢をかなえてきたのです。」と書いている(『ずるい勉強法』201頁)。見事に前後の文脈をすっ飛ばした引用である(苦笑)。

また弁護士法違反のところも、記事では「『弁護士は、受任している事件に関し、相手方から利益を受けてはならない』とする『汚職行為の禁止』になる可能性がある」して、「フジテレビが当然『相手方』であり、利益はコメンテーターの地位」と書いてある。開いた口が塞がらない。

これは先ほどの法律家かどうかもわからない「弁護士法に詳しい司法関係者」の見解であるが、弁護士法をちょっと調べれば「フジテレビが『相手方』にならない」こと、「もう約2年も出演していた番組のコメンテーターの地位が『利益』に該当しない」ことは明らかだ。

これはおそらく法科大学院生でもわかるレベルのこと。その他にも「妻ぞっこんバイキング出演弁護士」とあるが、これは強い信頼関係があることであり、わざわざ「ぞっこん」という悪意のある表現にしている。

つまり、このように悪意のある編集とよくわからない見解によって、読者をミスリードするのが週刊誌の記事なのだろう。


関連記事:「白紙の勤務表」で労基署の査察をパス 従業員を苦しめるブラック企業のトンデモ手口

 

■週刊誌に掲載されてわかったこと

今回、自分が週刊誌に掲載されてわかったことは、以下の5点だ。

①週刊誌は一方的な記事となり「反論の機会」が全くないこと


②形式的な取材はあるが、自分たちの都合の良い回答しか使わないこと


③印象を悪くする悪意のある編集をすること


④両論併記が全くないこと


⑤確かに弁護士に対する萎縮効果が出ること


①については、『週刊文春』の顧問弁護士に対して、「反論の機会を頂きたい」とFAXをしたが、何ら回答がなかった(6月23日現在)。

私が週刊誌に掲載された際に、すぐにこの顧問弁護士に電話をしたところ、事務所にいるにもかかわらず、受付の女性をとおして「何か伝えたいことがあれば書面が欲しい」とだけ私に伝え、電話の対応すらして頂けなった。

そして、⑤については、現在、私は週刊誌に対して、出版物の差し止め、刑事告訴等をしているが、その裁判の際、各週刊誌の顧問弁護士に対して「今回の件に関連して、弊所の弁護士をターゲットにして記事を書かないでほしい。弁護士に萎縮効果が生まれる」と伝えているのである。

それにもかかわらず、今回のように記事にしてきた。つまり、これは、裁判を起こしてきた自分に対する脅し、圧力行為であろう。これが週刊誌のやり方なのか、『週刊文春』の顧問弁護士も黙認していたかもしれない、と私は非常に悲しくなった。

人の名誉やプライベートを守るために戦っていたら、その代理人の弁護士に対して、萎縮効果を狙って攻めてきたと思っている。

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

次ページ
■じつは『週刊文春』は良心的?
佐藤大和弁護士週刊文春文春砲レイ法律事務所紀州のドンファン野崎幸助弁護士法
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング