「ドンファン妻のイケメン弁護士」、文春砲に徹底反論 事実誤認と「見事なほどの悪意」

佐藤大和弁護士は「紀州のドンファン」野崎幸助氏の妻の代理人を務めている。

2018/06/23 16:00



 

■じつは『週刊文春』は良心的?

佐藤大和弁護士

もっとも、今回、自分は週刊文春に書かれてしまったが、一つだけ言いたいのは、週刊文春は形式的とはいえ、ちゃんと取材をしてきたのである。しかし、他の週刊誌や記事は、自分に対して一切取材をしてこない。

驚くことに取材もせず記事を書いているのである。だからこそ、間違っている内容や嘘の内容があまりにも多い。もはや単なる作文レベルである。

ところで、今回、文春砲を受けて、週刊文春に掲載されたため、多くの方々からご連絡を頂いた。そして、その多くは好意的な感想だった。

むしろ「おめでとう!」「これで著名人だね」という感想もあった。なるほど、今回の文春砲において、「欲求は『有名になりたい』」(『ずるい勉強法』201頁)という引用をされたが、「文春はこのような形で私の欲求を満たしてくれたのか」と思うと逆に感謝をすべきかもしれない。


関連記事:「一人で済むなら安い」と美人社員を性接待に ブラック企業のおぞましいセクハラ実態

 

■名誉毀損等で差止めや損害賠償等をするべき

今回、記事に「東京地裁は申立てに理由がないとして、販売差し止めの仮処分を却下」とあるが、裁判所は「名誉権の侵害」自体は認めている。つまり、裁判所は名誉毀損であることは認めているのだ。

これも『週刊文春』の記事では触れておらず、「自分たちが名誉権を侵害していた事実」はあえて触れていない。驚くほど、ミスリードする内容であり、かつ自分たちには不利な情報は書かないのである。

今後、私は、野﨑さんの妻に対する名誉毀損等を理由に損害賠償をする予定であるが、週刊誌に掲載された人は、それが仮に違法行為であれば、販売差し止めの仮処分や損害賠償、刑事告訴等をどんどんするべきである。それが週刊誌の暴走を止めるだろう。

そしてそれがきっと記者や週刊誌の質をあげることに繋がる。現状、出版物の差止めが認められるハードルは低くなく、名誉毀損の損害賠償額は高くない。しかし、それでもそれが諦める理由にはならない。

悪意のある編集や間違った内容であれば、声を上げて、自分の名誉や信用、プライバシーを守り、自分や周りの人生や笑顔を守るために戦うべきなのである。


 

■今回の記事は「名誉毀損」にあたるか?

さて、今回のこの記事をきっかけにさらに私に対して週刊誌が狙ってくるのか、それとも何もしてこないのか、それは静観していきたい。週刊誌に良心があればそれは信じたい。

なお、私も名誉毀損的な記事があれば、今後も、法的な主張やこのような形で反論をしていきたい。

もっとも、今回の私に対する『週刊文春』の記事は「名誉毀損」にはならないだろう(苦笑)。なぜなら「イケメン弁護士」と私を褒めてくれているのもあるが、この程度であれば「我慢の範囲内」といえるからである。

う~ん、文春砲も弁護士である自分を相手にしているだけあって、ギリギリを攻めており、正直上手い!!

(※野崎氏の「﨑」は正式には旧字だが、機種依存文字のため新字で表記)

・合わせて読みたい→「白紙の勤務表」で労基署の査察をパス 従業員を苦しめるブラック企業のトンデモ手口

(文/レイ法律事務所佐藤大和

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

佐藤大和弁護士週刊文春文春砲レイ法律事務所紀州のドンファン野崎幸助弁護士法
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング