プリンが3個セットの理由とは チコちゃんの悲しい回答に「お父さんにも食べさせて」の声

『チコちゃんに叱られる』でプリンが3個セットである理由を解説。まさかの理由がネットで話題に

エンタメ

2019/06/15 08:30

チコちゃん

14日に放送された『チコちゃんに叱られる』(NHK)で、扱われたテーマである「なぜプリンは3個で売っている?」が、ネットで話題となっている。

おやつとして人気なプリンだが、3個セットで売っているものを買う人も多いのではないだろうか。じつは3個セットであることには、理由があるという。


 

■お父さんは食べないから

チコちゃんの回答は「お父さんは食べないから」。プリンがスーパーなどの店頭で並び始めた高度経済成長期の影響であるようだ。

経済成長期以前のプリンといえば、家で作って食べることが多かったという。経済成長期になると会社員たちは「モーレツ社員」と言われるくらい朝から晩まで働いていた。朝から晩まで忙しくしている人が増えたため、手軽に食べることのできるファストフードが流行した。

その流れで1971年にカッププリンが誕生。当時は親子+子供2人という家族構成が多かったが、プリンは昼間に食べることが都合で、母親+子供2人で食べることができるように3個セットになったと解説した。


関連記事:『とくダネ』宋美玄氏、山里亮太の結婚に「子供の顔が心配な人は無理」 発言が物議

 

■あのセット売りにも理由が

スーパーでは、プリン以外にもセット売りされているものが多くある。ヨーグルトは家族4人揃って食べることができるように、4個セット売りに。また、納豆は、単身者が賞味期限中に食べきれるような3個セット。

ウインナーは1袋を使い切りサイズにして、2袋セットにすることでお得感がでるようにしている。焼きそばは、家庭にある平均的なフライパンのサイズに合わせて3人前となった。

次ページ
■「お父さんにも食べさせてあげて」

あなたにオススメ