ハリウッドザコシショウ、ユーチューバーとして栄誉 でも数に興味ない?

ハリウッドザコシショウがチャンネル登録者10万人を突破。YouTubeから銀の盾が贈られたことを報告した。

エンタメ

2019/10/15 17:20

ハリウッドザコシショウ

お笑い芸人のハリウッドザコシショウが14日にツイッターを更新。自身のYouTubeチャンネルの登録者数が10万人を突破し、「シルバークリエイターアワード」が贈呈されたと報告した。

初投稿から10年、ようやく獲得した栄誉だった。なぜ、これほどまでに時間がかかったのだろうか。


 

■時代を感じる画質の悪さも

ザコシショウが初めてYouTubeに投稿したのは2009年のこと。アメーバブログの動画配信機能も駆使しており、初めて投稿されたのは動画ブログから厳選されたものだった。現在とは異なり、機材も揃っていなかったのか、画質も非常に悪い。

YouTubeに初投稿した当初はお笑い番組「あらびき団」(TBS系)への出演が一部の人に知られるのみ。16年に「R-1ぐらんぷり」で優勝を飾るよりも前から動画を作り続けていた。

投稿された動画の数を調べるとその数は2704本(15日11時現在)。人気芸人、さらには本数を考えればもっと前にシルバークリエイターアワードが贈られていてもおかしくない。


関連記事:ケンコバ、ザコシショウのスキャンダルを暴露 「健康ランドで…」

 

■1本あたりの再生回数は少なめ

ザコシショウのチャンネルを見ると、アワードの獲得までに時間を要した原因と思われるものがあった。それが再生回数だ。R-1ぐらんぷりを制した後の時期でも3桁台しか再生されていないものもあった。現在では1万回を超える動画も多い。

しかし、ユーチューバーのヒカキン(HIKAKIN)が毎回数百万回の再生数を稼ぐため多いとは言えない。再生数があまりなければ、色々と策を練って数字の増加に務めるはずだが、当のザコシショウはチャンネル登録者数などについて気にしていないようだ。

次ページ
■数にはこだわらない

この記事の画像(2枚)


あなたにオススメ