反社組織の「電話当番」で起きた珍事 全員が謹慎となった出来事とは…

VTuber・懲役太郎が自身のYouTubeチャンネルの更新。反社会的組織の「事務所当番」の実態を明かした。

動画

2019/11/02 16:20

電話
(foment/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

繁華街に行けばそれなりの確率で存在する、反社会的組織の組事務所。怖いと思いつつ、「何やってんだろうなあ?」と気になる人も少なくないのでは。

そんな疑問について、裏社会に精通するバーチャルユーチューバー・懲役太郎が自身のYouTubeチャンネルにアップした動画が注目を集めている。


 

■懲役太郎とは

懲役太郎は「前科3犯、(称呼番号)893番、懲役太郎です。」というフレーズで人気上昇中のバーチャルユーチューバー。「刑務所に服役中であり、職業訓練の一貫として、ユーチューバー活動をしている」という(設定の)人物だ。

裏社会や反社な人々の生態、刑務所・拘置所事情などに詳しいことが特徴で、自身の実体験に基づいている(と思われる)ディープな動画をこれまでに多数アップ。

あおり運転されやすい車の特徴」「反社が教える絶対に自転車を盗難されない方法」「反社流子供を泣き止ませる方法」など、濃い内容のテーマを、独特な質感の声で軽妙に語っている。


関連記事:反社流“絶対に盗まれない自転車の特徴”が話題 「かわいい」「面白すぎ」

 

■事務所当番の仕事は…

この日、懲役太郎はあまり知られていない、反社会的組織の「事務所当番」なる仕事の実態を語る。仕事のうちのひとつが本部への毎日の連絡。各支部が本部の事務所に対して「変わりないですか?」と尋ねるのだ。

かかってきた電話を取るのも当番の仕事で、「太郎組!」などと出るという。そして、電話をかけてくるのも兄弟分などの関係者が多いせいで「格好良く出たらいいのでは?」という発想が生まれ、「はい太郎組っ!!」などの変形パターンが過去に作られたことがあったようだ。

次ページ
■「たぁぁぁあっ!!」で謹慎に

この記事の画像(1枚)