ステーキに唐揚げをぶち込む神センス 秋葉原『ステーキマックス』が最強だった

オープンしたばかりの『ステーキマックス』秋葉原店。何やらステーキの付け合わせが、話題を呼んでいるようで…。

グルメ

2020/03/21 05:45

ステーキマックス

インドア派向けなショップが多いイメージの強い秋葉原だが、むしろオタクたちこそ体が資本。そのためか、ラーメンやカレーといったいわゆる「ガッツリ系」の飲食店が多いことでも広く知られている。

秋葉原店を10日にオープンさせた『ステーキマックス』が多くの肉マニアを唸らせていると聞き、真偽のほどを確かめるべく、しらべぇ編集部は現地へと向かった。


画像をもっと見る

 

■外観の主張がスゴい

JR秋葉原駅を降り、岩本町方面に歩くこと約5分。目的の店が見えてきた。

ステーキマックス

「付け合わせは唐揚げ!」という主張の強いメッセージのとおり、『ステーキマックス』ではステーキの付け合わせとして唐揚げが提供されるのだ。

「鬼に金棒」や「弁慶に長刀」という言葉もあるが、ステーキと唐揚げがタッグを組めば、それ即ち最強を意味することは明白だろう。


関連記事:『いきなりステーキ』普通に座れる店舗が超最高 少し改善すれば行列余裕レベル

 

■痒いところにも手が届く

逸る気持ちを抑えつつ、カウンター席へ着く。「初めて行く店ではスタンダードなメニューを頼むが吉」という経験則に基づき、「がっつり ステーキ」の300gをオーダー。

選べるソースは「焼肉のたれ」を選び、オプションでライスも付けてもらうことに。「ステーキと唐揚げ」と聞くと豪快で大味そうな店構えをイメージするかもしれないが、同店はむしろその逆。

ステーキマックス

ソースは「クリーミーガーリック」「テリマヨ」といった濃厚タイプから、「わさび醤油」「おろししそ」「柚子胡椒おろし」などさっぱりしたタイプも完備。付け合わせの唐揚げも希望すれば、「MIX 野菜」に変更できるそうだ。

こういった細かい点をフォローしてくれるのも、同店の魅力の1つだろう。栄養バランスを考えれば「MIX 野菜」を選択すべきだが、「肉を以て肉を制す」というたった今閃いたばかりの格言を信じ、唐揚げを貫くことに。

次ページ
■実食してさらに驚き

この記事の画像(5枚)