コロナの影響で「応募が殺到している仕事」とは 転職市場に起きた変化

転職市場にも影響を及ぼしている新型コロナウイルス。現状についてキャリアコンサルタントに聞いた。

話題

2020/05/16 12:00

就活生
(takasuu/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

様々な企業に影響を及ぼしている新型コロナウイルス。将来に不安を覚えて、転職を考えている人も少なくないようだ。



 

■転職先が見つかるか不安

しかし、SNSを見てみると「コロナで求人も少ないらしい」「転職したいけど就職先見つかるか不安」といった声も散見される。実際、就職活動中の大学生が選考を中断されたという事例もあるため、中途採用に不安が広がるのは仕方のないことだろう。

そこで、今回は人材紹介会社の『株式会社エージェントキューブ』でキャリアコンサルタントを務める浅賀啓太さんに、現在の転職市場についてお話を伺った。


関連記事:タウンワーク、新型コロナ対策支援特集 より円滑に仕事探しを可能に

 

■以前よりも転職活動しやすい傾向

転職することが当たり前の昨今、常に転職を視野に入れている人は多くいると話す浅賀さん。そんな中、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、転職を検討している人は増えたようだ。

『エージェントキューブ』に相談に行く求職者の約80%は、「転職活動の時期」を相談しているため、「現職でキャリアをつけてから転職すべきか、今転職すべきか」を求職者とともに考え、アドバイスしているとのこと。

また、現在は多くの企業が選考方法を「Web面接」に切り替え、求職者が会場に足を運ぶ必要もない。そのため「以前よりも転職活動がしやすくなっている」という点からも、転職活動者が増えている傾向にあるのではないかと語った。

次ページ
■厳しい状況にある企業は…