最上もが、ネット中傷に関する持論に共感の声 「メンタル弱い芸能人は…」

最上もががネット中傷に対する持論を展開。その内容を受け、賛同の声が相次いでいる。

エンタメ

2020/07/21 09:40

最上もが

タレント・最上もがが自身のツイッターを更新。今改めて注目されている「ネット中傷」に関するツイートを投稿し、反響を読んでいる。



 

■SNSに向いてないのは…

20日、最上は「メンタル弱い芸能人はSNSやめた方がいいってなんなんだろう」と綴り、「人を叩くような人、平気で悪口を世の中に晒したり、批判的な意見を一方的に投げつける人のがSNS向いてないと思っちゃう」と持論を展開した。

同日には、女優・春名風花が自身や両親を侮辱するような言葉をSNSに書き込んでいた人物から、示談金315万4,000円が支払われるようになったことを明かしたばかり。

また、田村淳もネット中傷をめぐる持論を自身のツイッターより投稿していた。


関連記事:田村淳、ネット中傷めぐる持論に共感の声相次ぐ 「素晴らしいのひと言」

 

■「絶対になくならない」の声も

最上のツイートを受け、ファンからは「これは本当にド正論」「ネット中傷があってはいけないものだということが、広く認知されてほしいね」「最低限のルールを知らない人が多すぎますよ…」といった賛同の声が多数寄せられる結果に。

中には「正論だと思うんだけど、悲しいことにそういう人って絶対にいなくならないんだよね…」「いつの時代になってもそういう輩は一定数は存在すると思う」など嘆きのコメントも散見された。


■SNS上の中傷

インターネットの存在により、人同士の距離感が近くなっただけでなく「匿名」での投稿が容易となった現代。果たして、悪口を書き込んだ経験がある人はどれくらいいるのだろうか。

しらべぇ編集部が以前、全国10〜60代のSNSユーザー男女895名を対象に調査を実施したところ、「SNSに悪口を書き込んだことがある」と回答した人は全体の16.5%と判明している。

SNS悪口

近頃は「インターネットにおける中傷」に注目が集まりつつあるが、中には「SNSとか関係なく、そもそも現実でも中傷はやめてほしい」という意見も決して少なくない。

・合わせて読みたい→戦慄かなの、「容姿の悪口言う奴多すぎ」と苦言 SNSで共感相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日
対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)