小柳ルミ子、感動した東京五輪開会式の名場面 「涙が出ました」

東京五輪開会式から一夜。演出には辛口評価だったが、感涙したシーンも。

2021/07/24 13:00

小柳ルミ子
歌手の小柳ルミ子が24日、自身のブログを更新。23日に東京・国立競技場で行われた東京五輪の開会式を振り返った。



 

■率直な感想は…

選手の入場行進、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ会長のロングスピーチなどが話題になった開会式。

一夜明けたこの日、小柳は「複雑な気持ちで観た 開会式」のタイトルで投稿し「昨夜の開会式ご覧になりましたか?どう感じましたか?」と読者に問いかけるように切り出した。

「エンターテイメントに身を置く私としては…正直少し残念ではありました」と率直な感想を明かし、物足りなさを感じた場面を挙げる。


関連記事:小柳ルミ子、7年ぶりのシングル発売に感慨 「桑田佳祐さんは命の恩人」

 

■「アイデアが乏しい」と厳しい意見

「音楽 ダンス 振付 コスチュームプレー 灯り 演出 アイデア ショーの流れ 盛り上がり 着地…日本はショーアップの演出が得意ではないのだなアイデアが乏しいな…」と厳しい意見。

国立競技場という大きなステージ、空間を「上手く使えてない」「埋められていない」と指摘した。ワクワク感、高揚感、盛り上がりの華やかさに欠けていたような気がするとも回想し「日本らしさも表現できていなかったように感じた」という。

→【Amazon新生活セール】3月31日9時スタート 買い忘れ、全部まとめて揃えよう!

次ページ
■長嶋茂雄氏の聖火ランナー
ブログ東京五輪開会式王貞治長嶋茂雄小柳ルミ子松井秀喜聖火ランナートーマス・バッハ国立競技場
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング