菅義偉首相に痛恨の一撃 横浜市長選で野党統一候補・山中竹春氏が圧勝

コロナ第5波のただ中で行われた横浜市長選は、野党統一候補・山中竹春氏の圧勝に。政局への影響も。

2021/08/23 06:30


 

■ヤジにも身じろぎしなかった林市長

横浜市長選 林文子

鋼のメンタルだと感心させられたのは林文子・市長。「嘘つくな。ババア」とヤジを飛ばされようが、有権者に近づいて無視されようが、気にしない様子で、IRカジノ誘致を前面に出し、聴衆がいなくても、演説を続けた。

筆者には方向性が間違っていると思えるものの、信条とする政策を真摯に訴える姿勢には好感が持てた。


関連記事:過熱するも市民は冷める横浜市長選挙で珍事連発 全候補取材から見えたものとは

 

■スキャンダルはねのけた山中氏

当初は劣勢が予想されたのが立憲民主党が推し、日本共産党や社民党、新社会党が支援した山中竹春候補だ。一番の山場は写真週刊誌『Flash』が氏のパワハラ疑惑を報じたときだった。筆者は大学・大学関係者に取材して疑惑報道に疑義を呈した。

それを野党議員が拡散。日本共産党は支持者にも筆者記事を浸透させ、チラシにまでした。山中候補に会った際には、「一番辛いときに疑惑を否定してくれた」と感謝された。

山中竹春

筆者の検証記事もあってだろうか、山中候補は苦境を脱し、うなぎ登りで支持を伸ばしていった。桜木町駅前で行われた最終演説には500人近くが集まった。


■野党の攻撃に耐えられるか

開票率100%時点での上位3位の各候補の得票数・得票率は下記通り。

・山中竹春:50万6,392票(33.6%)


・小此木八郎:32万5,947票(21.6%)


・林文子:19万6,926票(13.1%)


山中氏を待ち構えるのが自民党・公明党が過半数を占める議会だ。山中氏は政治キャリアはゼロのため、市議会を乗り越えられるか、激しい攻撃に耐えられるか…が不安だ。当選は始まりに過ぎない。市長として大成されることを願いたい。

・合わせて読みたい→過熱するも市民は冷める横浜市長選挙で珍事連発 全候補取材から見えたものとは

(取材・文/France10・及川健二

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

野党統一候補首相出口調査石破茂カジノ立憲民主党田中康夫菅義偉政局林文子山中竹春横浜市長選小此木八郎情勢調査確認団体
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング