森進一特集『栄光の昭和歌謡』 デビュー55周年の波乱万丈な歌人生に迫る

『栄光の昭和歌謡』では、森進一の歌手人生に迫る。独自の人生論や思いをそのヒット曲と共に紹介する。

2021/11/25 15:00

栄光の昭和歌謡・森進一

12月5日よる7時より『栄光の昭和歌謡 森進一デビュー55周年 出会いの歌人生』(BSテレ東)が放送される。


画像をもっと見る

 

■昭和歌謡を彩った歌人生

栄光の昭和歌謡・森進一

歌謡曲の黄金期と言われる昭和歌謡を彩り、デビュー55周年を迎えていまなおステージに立ち続ける森。数え切れないヒット曲を持ちながら、その歌人生は波乱万丈であった。それでも森は、「昔があるから今がある」と言う。

同番組による、2時間半にわたるロングインタビューでは、今年74歳となった森のこれまでを振り返り、これからについて赤裸々に語られている。


関連記事:霧島昇さん、灰田勝彦さん、小畑実さん 昭和を歌で照らした3人の素顔に迫る

 

■名曲の数々を紹介

また、ともに昭和を駆け抜けた、作曲家の故・猪俣公章さんと、故・古賀政男さん、歌手の故・美空ひばりさん、作詞家の故・岡本おさみさんと、故・阿久悠さんとの秘話も明かされる。

さらに、“人間・森進一”独自の人生論や思いを、そのヒット曲とともに紹介。「おふくろさん」や「襟裳岬」、「冬のリヴィエラ」などの名曲の数々は見逃せない。

次ページ
■「手探りの人生でした」

森進一 昭和・平成・令和を生きる【Amazonでチェック】

森進一美空ひばり阿久悠栄光の昭和歌謡猪俣公章古賀政男岡本おさみおふくろさん襟裳岬冬のリヴィエラ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング