濱田龍臣、番組でのカミングアウトに驚きの声 「『やっぱり』と思う方が…」

『人志松本の酒のツマミになる話』に出演の濱田。一時期持っていたという裏アカウントの中身は…。

2021/11/26 23:30

人志松本の酒のツマミになる話

26日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に、俳優の濱田龍臣が出演。番組内での思わぬカミングアウトに、ファンがざわつく事態に。



 

■初めて作ったアカウントは…

実際に酒を飲み、ざっくばらんに語り合う同番組。番組前半には、「裏アカウントを持っているか」というテーマで盛り上がる。

このお題を出した濱田は、自身も二つのツイッターアカウントを所有していた過去があると話す。まず最初に開設したのは、主演を務めたこともある『ウルトラマン』シリーズについてつぶやく、いわゆる趣味アカウント。これは匿名だったそうだ。

そしてその後、20歳になったタイミングで「濱田龍臣(本人)」として、公式アカウントを開設。平行して二つのアカウントを持つことも考えたが「間違えて投稿したらまずい」と思い、趣味アカウントのほうを消すことに。そんなあるとき、思いもよらぬ事件が…。


関連記事:鈴木福、ツイッター公式マーク再申請も… 本田望結は「おかえりなさい」

 

■ファンの中の「都市伝説」

「一身上の都合で…」と、趣味アカウントを閉じる旨をつぶやいたときのこと。濱田の公式アカウント開設のタイミングや、また「ウルトラマン」というキーワードから、なんと趣味アカウントが「もしかした濱田龍臣くんじゃないの?」と噂が立ってしまったのだそう。

この噂に濱田が無反応だったため、ファンのあいだでは都市伝説的な一件になっているのだという。濱田は今回初めてカミングアウトしたことで、「『やっぱり』って思われる方が何人かいらっしゃるかもしれない」とニヤニヤしながら語っていた。

次ページ
■「言うの遅い」とツッコミも

ウラアカジョシ(全3巻)【Amazonでチェック】

ツイッターファンウルトラマン松本人志アカウント裏アカ濱田龍臣人志松本の酒のツマミになる話
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング