Adoが「陰キャ」人気までも獲得する理由 サブカル性と自虐性に注目

実力派のボーカル力と自虐性やサブカル性を共存させる令和の歌姫Ado。SNSで人気を獲得する理由を考察する。

2022/06/20 10:45

Ado

映画『ONE PIECE FILM RED』の主題歌や、歌姫・ウタの歌唱パートを担当することが話題になっているAdo。一方、ネット上でいわゆる「陰キャ」人気を高めている。



 

■Adoとツイッター

超メジャーな仕事の一方で、いわゆる「陰キャ」人気を非常に高めていることはあまり知られていない。

昨今のAdoのいわゆる「陰キャ」人気の秘密とは、AdoのSNS系メディアの使いかたにある。まずはツイッター。非常に自由な使いかたをしているのが特徴だ。

先日には、ツイッターアカウント名を「芋けんぴ」に変え、アイコンも芋けんぴの画像にしてフォロワーを混乱させた。現在も、ツイッターユーザー名は、Ado (@ado1024imokenp)と、「芋けんぴ」が残っている。さらに、頻繁にリプライも行っている。


関連記事:Adoの顔出しに違和感…? おいでやす小田の必死のフォローが話題に

 

■Adoとサブカルメディア

AdoのSNS系メディアの使いかたは、 さらに活発的である。未だはっきりとした顔出しをしないことも特徴だが、生配信を比較的よく行っている。YouTubeでは、Adoの生配信「切り抜き」編集動画が人気となっており、また最近は、ニコニコ動画への投稿すらも行っている。

Adoは、かいりきベアによるニコニコ動画の人気ボカロ曲『ダーリンダンス』のいわゆる「歌ってみた」を行っているのだ。Ado本人のやりたいことをやっていると思われ、非常にコアなサブカル活動といえるだろう。

Ado『ウタの歌』 ONE PIECE FILM RED【Amazonでチェック】

次ページ
■Adoの素顔
ニコニコ動画ツイッターYouTubeサブカルONE PIECEボカロ集英社陰キャ歌ってみた切り抜きワンピース芋けんぴAdoウタかいりきベアダーリンダンス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング