Adoが「陰キャ」人気までも獲得する理由 サブカル性と自虐性に注目

実力派のボーカル力と自虐性やサブカル性を共存させる令和の歌姫Ado。SNSで人気を獲得する理由を考察する。

2022/06/20 10:45


 


 

■Adoの素顔

Adoのいわゆる「陰キャ」人気は、サブカル活動だけではなく言動によるところが大きい。Adoが頻繁に投稿しているツイッターでは、Adoのツイートを見守るファンも「現在進行形の黒歴史」と表現するほどに、ネットアイドル的な自由さに満ちている。

また「切り抜き」動画などでは、自らが歌っている映像に激しく嫌悪感を抱き、叫んでしまうという、まさに「陰キャ」的な自己嫌悪を見せており、それらを踏まえ人気を博している。


関連記事:ハライチ岩井、顔出ししない歌手のネットスラングに苦言 「歌詞の説得力が…」

 

 

■メジャーとサブカルの共存

Adoは素晴らしい歌唱力を持っているものの、音楽番組で姿をみせて歌唱するパフォーマンスはできていない。

そうした点は、強みにもなれば弱みにもなるが、現状、姿をみせないことで逆に意外性のあるイメージでファンを増やしているといえるだろう。

同時に『ONE PIECE』(集英社)などのメジャーな仕事ももちろん行っていく。サブカルに足場を置きつつ、メジャーな仕事もできる、Adoの今後の動向に期待したい。

・合わせて読みたい→ヒカキン、誕生日迎えた直後にトレンド入り 「ありがとうツイッター」

(文/メディア評論家・宮室 信洋

Ado『ウタの歌』 ONE PIECE FILM RED【Amazonでチェック】

ニコニコ動画ツイッターYouTubeサブカルONE PIECEボカロ集英社陰キャ歌ってみた切り抜きワンピース芋けんぴAdoウタかいりきベアダーリンダンス
シェア ツイート 送る アプリで読む

人気記事ランキング



編集部おすすめ